家庭用脱毛器

ソイエ脱毛器の口コミ・価格・特徴と埋没毛になりやすい理由

ソイエ脱毛器の口コミ・価格・特徴と埋没毛になりやすい理由

パナソニックから発売されている家庭用脱毛器に「ソイエ」があります。

このソイエは、1992年より何度もモデルチェンジを繰り返しながら発売されているロングセラーの商品です。ご存知の方も多いのではないでしょうか?

現在は品番 ES-ED97が発売されています。ソイエの特徴は、毛根に光でダメージを与えて今後生えにくくする脱毛ではなく、きめ細かい泡がムダ毛を1本1本からめとり、根元から抜く脱毛方式です。

実際にソイエを使っている人はどのような感想を持っているのか、アットコスメや当サイトのアンケートで良い口コミと悪い口コミを調べてみました。

ソイエの良い口コミ

  • 泡脱毛とドライ脱毛が選べる点が良いです。また、足の角質処理が出来るとのことで使っています。
  • 毛根から引き抜くので、一度の使用で2週間位はムダ毛が生えてこない点が楽です。
  • 毛を抜いてしまうので、毛穴がぴたっと閉じてツルツルのお肌になれる点が気に入っています。
  • カミソリで剃るよりもいいです。
  • モデルチェンジされるたびに買い換えています。

最新機種のES-ED97では、今までのソイエでのお手入れ時に発生する痛みがかなり軽減されているようですね。また、防水機能がついていてお風呂の中などで泡脱毛ができるようになっています。

ソイエは毛根から引き抜くだけで、光脱毛のように毛根にダメージを与えるわけではないので、毛を生えにくくする効果はありません。ところが、使っているうちに毛が生えにくくなってきたという口コミがありました。

マコ
マコ
壊れるたびに買い換えたり、モデルチェンジの際に買い換えて、長く使っている人もいるようです。

ソイエの悪い口コミ

  • とにかく痛いです。毛穴から血がにじむこともあります。
  • ソイエでお手入れすると埋没毛が出来やすく、毛穴がブツブツと盛り上がったり、お肌に色素沈着が起きて黒ずんでしまいました。
  • 使っているうちに、お肌が乾燥するようになってきました。
  • 充電コードをつけたまま使えないので、充電が切れる度に充電し直さなければならない点がちょっと不便です。

泡脱毛は、メーカーによるとお風呂の中だと肌が柔らかくなるため、毛を抜く時のお肌へのダメージが少ないとのことでしたが、痛みはドライ脱毛と大差ないという声がありました。

マコ
マコ
痛みと、お肌へのダメージについてはいくつもの口コミがありました。

ソイエの口コミのまとめ

光やレーザーによる脱毛器が主流になっている中で、毛を引っ張りぬく方式の脱毛器は少ないです。

光脱毛だと、その場では毛が毛根から抜け落ちているわけではないので、1週間ほどで自然と抜け落ちるまで黒いポツポツが残りますが、ソイエだと根元から抜いてしまうのですぐにツルツルになれる、という点で評価が高いようです。

ただ、痛みや使い続けているうちに毛穴がボコボコと盛り上がったり、色素沈着が起きたという声もあります。これは、女子としては無視できない口コミですよね。

ソイエを家庭用脱毛器として選ぶ際には慎重に考えたほうがいいのかもしれません。

パーティーやデートの前に使えばすぐにツルツルになれそうですが、毛穴から血が出たりしては逆効果ですから、個人的にはあまりおすすめではないです。

【脱毛器買いたいなら必読】おすすめの家庭用脱毛器やサロンとの違い
【脱毛器買いたいなら必読】おすすめの家庭用脱毛器やサロンとの違い家庭用の脱毛器について、実際に使ってみておすすめの脱毛器はどれかや、脱毛サロンやクリニックとの違い、脱毛器を使うときの注意点など、脱毛器…

ソイエの最新機種ES-ED97の特徴と価格

現在、ソイエで販売されている脱毛器は4台あります。

この中でソイエES-ED97が最新機種で、他の3台と比較してみるとかなりバージョンアップしているのがわかります。

機種ソイエ ES-ED97ソイエ ES-ED67ソイエ ES-WS33ソイエ ES-WS13
商品名ES-ED97ES-ED67ES-WS33ES-WS13
除毛・角質ケア×××
対象部位うで・脚・脇・ビキニラインうで・脚・脇・ビキニラインうで・脚・脇・ビキニラインうで・脚
防水××
連続使用時間約40分約40分
充電時間約1時間約1時間交流式交流式
コードレス××

ES-ED97は脱毛だけでなく、ひじやかかと、デコルテなどの角質ケアができます。また防水仕様でお風呂で泡脱毛ができたり、コードレスなのでフル充電だと約40分間連続使用ができます。

気になる価格ですが、店舗で買ってもネットで買ってもだいたい11,000円~13,000円で購入できます。

ソイエは埋没毛になりやすい?

埋没毛のイメージ

埋没毛とは表面にでずに皮膚の中で成長してしまっている毛のことで、触るとざらざらしていたり、黒いポツポツに見えるので目立ってしまいます。目立つのが嫌でついつい無理に出してしまう方も多いのではないでしょうか?

埋没毛の原因は、ムダ毛の自己処理方法が大きく影響しています。ピンセットなどで毛を抜こうとすると、肌も一緒に引っ張られてしまうため、毛穴(肌)が傷ついてしまいます。

肌には再生機能がありますので、傷ついた毛穴を修復しようと塞ぐことで毛が外に出れず、埋没毛ができてしまうのです。

ソイエの脱毛方式はピンセットと同じように毛を引っ張り抜く脱毛方式なので、埋没毛にならないか心配という方が多いようです。

ソイエには「やわ肌ガード」という機能がついていて、肌を引っ張らずに毛だけを抜き、肌に負担がかからない仕組みになっています。ですので、ピンセットなどで毛を抜くよりも肌への負担は少なく、埋没毛のリスクは軽減されています。しかし、口コミをみていると埋没毛になったという方も…敏感肌や肌が弱い方だとソイエの脱毛方式は合わない方もいると思います。

アトピー肌や敏感肌の方は、自宅での脱毛は肌トラブルのリスクが高くなります。

医師や看護師のいる脱毛クリニックでの医療脱毛の方が肌質に合わせて脱毛してくれて、トラブルがあってもすぐに診察・薬を処方してくれるので安心かなと思います。

医療脱毛のおすすめを完全解説!選び方や料金比較、エステとの違い
医療脱毛のおすすめを完全解説!選び方や料金比較、エステとの違い医療脱毛のおすすめクリニック、医療脱毛の料金比較表、医療レーザー脱毛についてのまとめページ。脱毛サロンの光脱毛との違いについても解説しま…