銀座カラーとシースリーはどっちがいいのか、徹底比較!

銀座カラーとシースリーはどちらも人気脱毛サロンで、通い放題コースを契約する方が特に多いです。

どちらも月額制・通い放題プランと共通点が多いですが、どっちの方がお得なのか?料金や完了までの目安、脱毛対象部位などについて比較してみました。

銀座カラーとシースリーの比較まとめ

銀座カラー シースリー
月額料金 顔なし:6,200円(税込 6,696円)
顔あり:9,300円(税込 10,044円)
6,264円※1
通い放題プラン 顔なし:197,650円
顔あり:290,050円
顔なし:340,000円
顔あり:370,000円
支払い方法 分割払いor一括払い 分割払いor一括払い
脱毛箇所 全身24ヵ所 全身53ヵ所
顔脱毛 あり
鼻・眉間も含む
あり
おでこ、左右頬、左右もみあげ、鼻下、口下
脱毛可能部位 全身 全身
1回の施術範囲 全身 全身※2
1回の施術時間 全身60分 全身45分
通う頻度 3回目まで:月1回
4~8回目まで:2ヶ月に1回
9回目以降:3ヶ月に1回
1回で全身の場合は、3ヵ月に1回
1回全身1/4の場合は、月2回
キャンセル料 前日19時までは無料
当日は1回分消化
通い放題の場合は、8回目まで1回分消化、9回目以降は2000円
予約時間前までに連絡すればキャンセル料はなし。
1分でも過ぎると違約金3,000円
無断キャンセル:3,000円
シェービング代 手の届かないところはシェービング代無料(シェーバー持参)
剃り残しは避けて照射
事前に自己処理を済ませておくことが前提だが、剃り残しのシェービング代は無料
顔・VIOは電気シェーバー持参
脱毛方式 IPL方式 IPL方式
店舗数 51店舗 50店舗

※1 地域によって価格が異なる
※2 プランによって違いあり

銀座カラーとシースリーの料金を比較

月額制プランの比較

銀座カラーの月額制もシースリーの月額制も、総額から月々支払う分割払いを月額制と呼んでいます。つまり、どちらも辞めたい時にいつでも辞められるというわけではありません。

どちらの月額制も総額の支払いを終えたあとも、期限・回数無制限で永久的に通い続けることができます。

銀座カラーとシースリーの月額制の料金を顔あり/顔なしで比較してみました。どちらも1回で全身施術した場合の料金です。

銀座カラー シースリー
顔なし・VIOあり 197,650円(月額6,500円) 340,000円(月額9,000円)
顔・VIOあり 290,050円(月額10,000円) 370,000円(月額15,000円)

シースリーは3ヵ月に1回ペースなので1年間に4回しか通えないのに対し、銀座カラーは総額が7~14万円ほど安いうえに、1年間に6回通うことができます。

銀座カラーはさらに早く脱毛を完了させたい方に1年間に最大8回通えるスピード脱毛コースもあります。その場合は、顔なしの全身脱毛が総額295,000円、顔ありが382,000円です。スピードコースでも顔なしの場合は、シースリーの年間4回よりも安いので、顔なしの場合は銀座カラーのスピードコースが早くておすすめです。

料金だけを見ると、圧倒的に銀座カラーの方がお得なのですが、1つデメリットがあって、銀座カラーの顔脱毛は12回と回数が決まっています。シースリーは顔も無制限なので、ツルツルまで顔脱毛をしたい方は、シースリーの方が安く済むかもしれません。

結論:月額制は銀座カラーの方が安くてお得!顔脱毛を重視するならシースリーがおすすめ!

回数パックでの比較

銀座カラーには8回と12回の回数パックがありますが、通い放題プランの方が料金が安いので、回数パックを選ぶことはないと思います。
シースリーには6回・10回・13回の回数パックがあるので、シースリーは回数パック、銀座カラーは通い放題プランで、どちらの方がお得なのか比較してみました。

顔の有無 回数 銀座カラー シースリー
顔なし 6回 197,650円 95,000円
13回 190,000円
顔あり 6回 290,050円 158,000円
13回 220,000円

光脱毛の完了までの回数の目安は、12~18回で自己処理が必要なくなる程度、18~24回でツルツルの状態です。自己処理が楽になるレベルを完了とするのならシースリー、納得いくまでツルツルにしたい方は銀座カラーがおすすめです。

結論:13回以下はシースリー、ツルツルを目指すなら銀座カラーが料金的にお得!

脱毛部位を比較

銀座カラーとシースリーの脱毛部位を比較してみました。

銀座カラー シースリー
銀座カラー 脱毛部位 シースリー 脱毛部位

※クリックで拡大します

公式サイトでは銀座カラーは24ヵ所、シースリーは53ヵ所となっていて、半分以上銀座カラーの方が少ないですが、脱毛部位の分け方はサロンによって違うので、多い方がいいというわけではありません。
実際には脱毛箇所が少ない銀座カラーの方が脱毛可能部位が多いです。脱毛部位の違いは顔にあって、銀座カラーはシースリーに含まれていない「鼻と眉間」も脱毛可能です。
眉間が脱毛できるサロンはなかなかありません。

結論:顔脱毛の範囲が広いのは銀座カラー!

キャンセル料やシェービング代を比較

銀座カラー シースリー
キャンセル料 前日19時までなら、キャンセル料なし。
当日キャンセルは、回数コースは1回分消化、脱毛し放題コースは2,000円のキャンセル料が発生
予約時間前までに連絡すればキャンセル料はなし。
予約時間を1分でも過ぎると違約金3,000円
無断キャンセル:3,000円
シェービング代 手の届かないところはシェービング代無料(シェーバー持参)
剃り残しは避けて照射
事前に自己処理を済ませておくことが前提だが、剃り残しのシェービング代は無料
顔・VIOは電気シェーバー持参

どちらもキャンセル料は発生しますが、シースリーの方が予約時間直前までキャンセル料がかからないので良心的です。もし、当日に生理になってしまった場合、シースリーは施術できませんが、予約1分前までキャンセル可能なので安心です。

銀座カラーは、前日19時までに連絡しないとキャンセル料が発生してしまいますが、生理になってしまった場合でもVIOとヒップ以外は施術することができるのでキャンセルの必要はありません。

予約が取りやすいのはどっち?

銀座カラーは51店舗、シースリーは50店舗と差はありませんが、シースリーは予約が取りにくいことで有名です。その理由は営業時間と予約の取り方に差があって、銀座カラーは22:00まで営業、予約は365日・24時間いつでもネット予約ができます。

一方で、シースリーは水曜日と第2火曜日は定休日で、WEB予約ができますが、毎月1日の0:00に2ヶ月先の予約枠がスタートします。0:00を過ぎるとアクセスが殺到し、数日で1ヶ月の予約はすぐに埋まってしまうようです。
1年間に4回しか通えないのに、予約が取りにくいとなると忙しい方だと2,3回しか通えない可能性もあります。そうなると脱毛完了までにかなり期間がかかってしまうので、忙しい方は予約が取りやすい銀座カラーが良いと思います。

銀座カラーとシースリーの比較まとめ

銀座カラーもシースリーも月額制の通い放題プランがあって、脱毛部位も顔とVIOを含む全身が対象です。
しかし、料金と通う頻度に違いがあって、シースリーは料金が少し高めで通う頻度も3ヶ月に1カペースなので年間最大4回しか通えません。一方で銀座カラーは、料金が安く、スピードコースは1年間に最大8回通うことができます。
ただ、銀座カラーは顔以外の全身は回数無制限ですが、顔に関しては12回と回数制限があります。シースリーは顔も含む全身が永久的に回数無制限です。

顔も体もツルツルを目指したい方はシースリーの方が追加料金がかからずお得、とにかく安く早く脱毛を完了させたいのであれば銀座カラーがおすすめです。

》銀座カラーの口コミや評判はこちら

》シースリーの口コミや評判はこちら

最終更新日: