エピラット除毛クリームは本当に効果あるの?どんな成分が入っているのか

エピラット除毛クリームは、バレリーナのパッケージでおなじみの、クラシエが発売する除毛クリームです。

エピラットは、1983年から発売されているロングセラー商品で、日本女性の肌を研究し続けながら、日本人女性のために作られてきました。

エピラット除毛クリームの効果はどうなの?

エピラットには専用の肌にやさしいやわらかヘラが付属で付いています。

使うときはこのヘラで除毛したい箇所にクリームを塗ります。5分~10分そのまま放置し、その後ヘラのやわらかい部分でクリームを取り除き洗い流すだけで、表面のムダ毛を取り去れます。

スピーディタイプのエピラットなら、さらに早く3分~6分で除毛が完了します。

除毛効果については、きちんと感じられたという人と、満足できなかったという人がいます。⇒くわしくは、エピラット除毛クリームの口コミまとめ

また、エピラットは、たれ落ちにくいクリームタイプなので、ムダ毛をしっかりとキャッチしてくれて塗りやすいです。

効果は約1週間続き、カミソリで除毛するよりも、より深いところから除毛できて、処理頻度が少なく済みますし、毛の表面が丸くとけるので、肌触りがチクチクしません。

エピラットでは肌の保護にも気を使っていて、カモミールエキスや海藻エキス、植物性スクワランに加え、うるおい保護成分としてローヤルゼリーエキスも配合されています。

除毛しながら肌ケアできるので、使用後も肌はしっとりとしていて肌荒れの心配も少なく、美肌効果も期待できます。

エピラットは除毛クリームの嫌な匂いを抑え、さわやかなシトラスの香りとなっていて、お風呂でも快適に使うことができます。

エピラット除毛クリームの成分

エピラットの成分は、チオグリコール酸カルシウム、セテアリルアルコール、ローヤルゼリーエキス、海藻エキス、植物性スクワランなどです。

エピラットでは有効成分のチオグリコール酸カルシウムが毛のタンパク質を分解して毛を溶かし、除去します。

このチオグリコール酸カルシウムは、他の高価な除毛クリームにもふくまれている除毛効果のある成分です。

それ以外の成分は、主に保湿のための成分で、働きバチが分泌するエキスであるローヤルゼリーや、植物性スクワランには、肌のうるおいを保つ効果があると言われています。

また、肌の老化を抑えるパントテン酸や、新陳代謝を活発にする類パロチン、コラーゲンの生成を促すデセン酸なども含まれており、ハリと弾力のあるみずみずしい肌作りに役立ちます。

その他のおすすめの脱毛クリームは、脱毛クリームのおすすめランキングの方で紹介しているので参考にしてください。

最終更新日: