デリケートゾーンを自宅で適切に脱毛処理する方法まとめ

以前に比べると、デリケートゾーンの脱毛に通う方は増えてきましたが、両ワキや脚の脱毛に比べてデリケートゾーンはどうしても恥ずかしくて抵抗があり、自己処理している人はまだまだ多いです。

デリケートゾーンは他の部位に比べ、皮膚が薄くて敏感肌なので、適切な方法で自己処理しないと赤くなって腫れたり、毛嚢炎、埋没嚢、黒ずみの原因となってしまいます。

デリケートゾーンを自宅で自己処理するには、どの処理方法が肌に一番良いのか?デリケートゾーンの適切な自己処理方法についてまとめました。

自宅でデリケートゾーンを脱毛するなら脱毛器がベスト

自宅でのデリケートゾーンの自己処理で一番多いのがカミソリです。その他に毛抜きや脱毛クリーム、ワックスを使用している方もいますが、自宅でのデリケートゾーンの自己処理は家庭用脱毛器がベストです。

カミソリや脱毛クリームなどは皮膚表面の毛を一時的に処理しているだけで、しばらくするとまた生えてくるため、毛の量は一切変わりません。そのため、定期的に処理する必要があり、自己処理のたびに肌を傷つけ、肌トラブルや黒ずみの原因になります。デリケートゾーンの肌は薄く弱いので、他の部位よりも特に肌トラブルを起こしやすいです。

家庭用脱毛器の仕組み

脱毛器は、毛根部にダメージを与えて減毛させていくので、回数あてると自己処理の回数が明らかに減ったり、自己処理をしなくてもよいくらいツルツルになる方もいます。

自己処理の回数が減るということはその分、肌へのダメージも軽減し、肌トラブルも少なくなります。

女性がデリケートゾーンのムダ毛処理をする目的として、生理の時の不快感を軽減させたり、下着からはみ出るのを防ぐ以外にパートナーへのエチケットとして処理される方も多いです。

男性側の女性のデリケートゾーンに対する意見は

  • 処理してくれるのは嬉しいけど、毛が生えてきたときにチクチクして痛い
  • アンダーヘアの形は気にしないけど、剛毛は嫌
  • きれいに整えてくれているほうが嬉しい
  • 脱毛してくれている方が清潔感を感じる

などなど。やはり多少は綺麗に処理してくれている方が嬉しいようです。

チクチクしたり、剛毛になるのはカミソリでの自己処理が原因です。脱毛器なら毛が抜け落ちるのでチクチクせず、脱毛なので毛量も減り、柔らかい毛質になります。また、アンダーヘアの範囲を小さく整えることもできるので、清潔感がある男性ウケの良いアンダーヘアに近づけることができます。

つまり、肌トラブルが少なく、男性ウケも良いアンダーヘアにするためには脱毛器がベストなのです。脱毛器を一台持っておけば、デリケートゾーン以外にも腕や脚などムダ毛が気になる他の部位の脱毛もできるので便利です。

脱毛器を使ってデリケートゾーンを脱毛する際の注意点

  • 脱毛器がVIO全ての部位に対応しているか確認する(Vラインだけの場合あり)
  • 粘膜は避けて照射する
  • 照射前の自己処理で、傷つけないように慎重に行う
  • Vラインは照射前にデザインを決めておき、残したいところは避けて照射する
  • 黒ずみがある部分は痛みや火傷のリスクがあるため、弱い出力で冷却しながら照射する

VIOに対応している家庭用脱毛器やアンダーヘアを自宅で脱毛する際の注意点については「脱毛器でアンダーヘアを脱毛するのは危険?家庭用脱毛器の注意点」で詳しく解説しています。

その他の自己処理があまりおすすめされない理由

脱毛器以外の自己処理方法はなぜ、デリケートゾーンの自己処理に向いていないのか?脱毛方法ごとに解説します。

脱毛クリーム・脱毛ワックス

脱毛クリーム・脱毛ワックス

脱毛クリームは皮膚の表面にクリームを塗り、毛を溶かすことで除毛する方法です。脱毛クリームにはチオグリコール酸カルシウムというアルカリ性の成分が含まれていて、毛のたんぱく質を溶かす作用があります。カミソリに比べてチクチクせず、見た目もきれいですが、同時に肌のたんぱく質も溶かしてしまうため、肌が弱い人は肌荒れを引き起こす可能性があります。肌への刺激が強く、減毛効果もないため、あまりおすすめできません。

脱毛ワックスははちみつを主な原料にしたワックスを肌に塗り、勢いよくはがすことでムダ毛を毛根から引き抜く処理方法です。
毛根から引き抜くので、表面上は綺麗になりますが、毛根を破壊しているわけではないのでしばらくするとまた生えてきます。毛をまとめて引き抜くので、非常に痛みが強く、肌へのダメージも強いです。永久脱毛ではなく、毎回肌にダメージを与えることになるのでおすすめしません。

カミソリ・毛抜き

カミソリ・毛抜き

カミソリは一番ポピュラーな自己処理方法で、痛みもなく手軽です。しかし、できるだけ根元に近い部分を剃ろうと深剃りしたり、剃り残しがないように何往復も剃ってしまうと、毛だけではなく肌の表面も削ってしまいます。削られた肌を修復するときに、毛穴の出口も塞いでしまうことで埋没毛の原因となります。

その他にも、毛は毛先に向かって細くなっていますが、剃ることによって毛の断面が目立ち、太く濃く見えてしまいます。また、人間には防衛本能があるので刺激を与えると体を守るためにその部位の毛が増えることもあります。
カミソリの自己処理は、肌を傷つけるだけでなく、毛が目立ったり、毛量が増えることもあるのでおすすめしません。

毛抜きは毛の根元から引き抜くため、毛の断面が残らず仕上がりが綺麗に見えます。しかし、抜く瞬間の毛穴へのダメージは強く、炎症を起こして赤いポツポツができたり、引き抜く途中で毛が切れてしまうと埋没毛の原因になります。
さらに毛抜き処理を繰り返すことで、開いた毛穴に菌が入り化膿して毛嚢炎を起こしたり、色素沈着を起こし、毛穴が黒ずんできます。毛抜きでの処理は埋没毛や毛嚢炎、色素沈着の原因となるためおすすめできません。

まとめ

カミソリなどを使った自宅での自己処理は、一時的で減毛効果はないため、定期的に処理を続けなくてはいけません。特に夏場は露出の機会が増えるため、自己処理の回数も増えます。

埋没毛や赤いポツポツ(毛嚢炎)、黒いポツポツ(色素沈着)は一度できるとなかなか治らず、自己処理を繰り返すことで治るどころかさらに悪化してしまいます。

家庭用脱毛器は減毛効果があるので、自己処理の回数が徐々に減ることによって肌への負担が減り、肌トラブルも解消されます。肌のことを考えると、自宅での自己処理は脱毛器がベストです。
脱毛器にはいろいろな種類があって、なかにはVIOに使用できないものもあるので、購入する際は対象部位をしっかり確認してから購入しましょう。

家庭用脱毛器のおすすめランキングや実際に使用したレビューや口コミ・評判を別記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。
》家庭用脱毛器おすすめランキングと人気脱毛器の使用レビューはこちら

最終更新日: