脱毛器でアンダーヘアを脱毛するのは危険?家庭用脱毛器の注意点

VIO脱毛をする女性が増え、最近では人気脱毛部位で3位に入るほど!
しかし、両ワキや腕・脚に比べて、デリケートゾーンを他人に見せるのは抵抗があり、自宅で自己処理している人も多いです。

VIOはカミソリで剃ると、チクチクしたり、かゆくなったりしやすいので、自宅でVIOを処理するなら家庭用脱毛器がおすすめです。

家庭用脱毛器でVIO脱毛をする際の注意点と、失敗しない脱毛器の選び方についてまとめました。

家庭用脱毛器でアンダーヘアの照射は基本的にNG

家庭用脱毛機はさまざまメーカーから販売されていますが、腕や脚、脇への使用をメインとして作られているものが多いです。そのため、家庭用脱毛器はVラインには使用できても、I・Oラインには使用できないものもあります。

I・Oラインへの使用ができない理由としては、Vラインよりも色素沈着があり、光が反応しやすく火傷の恐れある内側の粘膜まで照射してしまう恐れがあるためです。粘膜部分の照射は脱毛サロンでも行っておらず、医師・看護師のいる医療脱毛はクリニックによって行っているところもあります。

VIO対応と記載してある脱毛器でも、注意書きとして粘膜部分への使用は不可とされています。家庭用脱毛器でアンダーヘアの照射を行う場合は、VIO対応の脱毛器かを確認し、照射する際は火傷しないように弱い出力で冷却しながら行いましょう。

各メーカーのVIO対応・非対応の説明一覧

各メーカーの脱毛器がVIO対応か非対応かの一覧です。
I・Oラインのように狭い部位は照射口が大きすぎると照射にしくく、反対にV全体は小さすぎると何度も照射しないといけないので、部位によって照射口の大きさを交換できるものが使用しやすいです。

メーカー 脱毛方法 照射面積 VIO対応
ケノン 光脱毛 4.5㎠・7.0㎠・9.25㎠
I、Oラインは非推奨
LAVIE 光脱毛 7.4㎠・3.5㎠
トリア レーザー脱毛 直径1㎝
レインボーテグランデ 光脱毛 12㎠
エピナード 光脱毛 7㎠
センスエピJ 光脱毛 2.7㎠
光エステ 光脱毛 5.4㎠
ヒカリエピ 光脱毛 7㎠
ソイエ 引き抜く
美ルルクリアベールミニ 光脱毛 3.1㎠
ツーピーエス 光脱毛 6.51㎠
エピレタ 光脱毛 2.7㎠

※〇は使用可、△はVラインのみ、×は使用不可

VIOには完全に使用できないもの、Vラインのみ使用できるもの、VIO全て対応しているものがあります。基本的に粘膜部分はどの脱毛器も使用不可となっています。

それでも自宅でIラインOラインを照射したい場合は

VIOは、自分では見えづらい部位なので自己処理で傷つけてしまったり、照射の際に火傷する危険があるので、サロン・クリニックで脱毛するのが1番です。
》VIO脱毛におすすめのサロン・クリニック

しかし、脱毛サロン・クリニックでの脱毛が一番とはわかっていても、金銭的な理由や恥ずかしさで自宅でなんとかVIO脱毛したいと思っている方も多いでしょう。

どうしても自宅でVIO脱毛をしたいという場合は、以下の条件を満たした脱毛器を選びましょう。

CHECK‼

・VIOに対応している
・照射口が小さめ
・照射回数が多い

自宅でI・Oラインの照射をするなら、VIOに対応している脱毛器の方が安心です。

照射口のサイズは大きめよりは小さめの方がよいですが、ベストは照射口のサイズを交換できるタイプの脱毛器です。Iライン・Oラインはとても狭い部位なので照射口が大きすぎると綺麗に脱毛できなかったり、粘膜部分まで照射してしまう恐れがあります。

逆に照射口が小さすぎると、V全体など広い範囲を照射するのに、回数がかかって大変なので、照射口のサイズを部位によって交換できる脱毛器が使用しやすいでしょう。

またVIOは太く濃い毛が生えているため、ある程度回数も必要です。照射回数が少ないと頻回にカートリッジを交換しなくてはいけなく、コスパが悪いので、照射回数の多いものがおすすめです。

VIOにおすすめの家庭用脱毛器

圧倒的人気のケノン!

kenon
ケノンはメーカー推奨はVラインまでで、IOラインへは自己責任での使用となります。つまり、「使ってもいいけど、何かあったときは責任はとらないよ」ということです。

実際、自己責任でIOラインに使用されている方が多く、ケノンでVIO脱毛をして満足したという口コミが目立ちます。

ケノンは、カートリッジの種類が多く、照射回数も多いのでコスパもよく、家庭用脱毛器の中で圧倒的に人気がある脱毛器です。

ケノンはキャンペーン中につき本体価格は69,800円(税込)です。

》ケノンの口コミまとめと管理人のレビュー動画はこちら

安心・安全面を重視するならLAVIE

LAVIE 新モデル
LAVIEは現在、新モデルが販売されており、旧モデルよりも使いやすさがアップし、照射パワーも20%強くなっています。

LAVIEはカートリッジが2種類あり、スリムカートリッジは照射面積が3.5㎠と小さく、O・Iラインに最適です。

照射回数はケノンには劣りますが、公式サイトにVIO対応と記載があるので安心して使用できるでしょう。

LAVIEの価格は49,000円(税込)です。

》LAVIEの口コミや評判、詳細はこちら

最終更新日: