VIO脱毛のおすすめは?実際体験して分かった厳選ランキング

vio実は両ワキ、ヒザ下に続いての人気部位で、脱毛をするとしたらやっている人が多いVIO脱毛。

VIO脱毛するならどこがいいのか?脱毛サロンとクリニック、それぞれのおすすめをご紹介します!

また、その他VIO脱毛について気になる疑問をまとめました。

VIO脱毛のおすすめサロン、クリニック

脱毛サロンと医療脱毛のクリニック、それぞれ管理人が実際体験してみておすすめのところをご紹介します。

痛くなくて安いほうが良いなら脱毛サロン、痛くてもいいからしっかり効果があって早く脱毛完了できる方がいいならクリニックがおすすめ!

おすすめサロン

痛みのなさで選ぶなら… プリート

pulito-logo
プリートはVIO脱毛に力を入れている専門サロン!
痛みのほぼ全くない機種(体験させてもらったけど本当でした…!)を使っていて、デリケートなIラインのお手入れも苦痛なくやってもらえます。

料金は12回コースだと102,000円で、脱毛のあとに美白パックをしてくれるプレミアムハイジニーナコースも別途あり。Iラインの黒ずみが気になる方におすすめです!

首都圏5店舗(銀座、新宿、上野、大宮、横浜)のみの展開ですが、今はVIO脱毛が1回5,000円でお試しできるキャンペーン中!

pulito

》プリートの口コミレポートはこちら

料金の安さで選ぶなら…ストラッシュ

ストラッシュは産毛にも効く・痛くないというのが最大の特徴の、SHR方式という最新式の脱毛機(日本製)を使用しています。

この脱毛方法は、毛周期に関係なく、最短2週間~1ヶ月おきに通えるので、脱毛完了が早いのがメリットです。

料金は12回コースが84,218円と業界最安値で、さらに119,858円の回数無制限コースもあります。ハイジニーナにしたい方、毛量が多い方は回数無制限がおすすめ!

北海道~九州まで全国に店舗があり、さらに店舗拡大中です!

》ストラッシュの口コミまとめと体験レポート

医療脱毛のおすすめクリニック

脱毛効果を重視するなら…アリシアクリニック

aletheia-logo
医療レーザー脱毛の中では痛みが少ないライトシェアデュエットという機種を使っているアリシアクリニック。

料金も5回コースで61,900円~85,900円※と、サロンと変わらない安さです。

VIO脱毛は毛が太くしっかり生えているので、痛みを感じやすいです。アリシアは料金が安いのも良い点なのですが、痛みが少ないレーザー機器を使っているため、クリニックの中ではもっともおすすめ(^_-)-☆

※脚の付け根から2.5cmの範囲のビューティープランと、粘膜ギリギリまで施術するスムースプランによって価格が変動します。

》アリシアクリニックの口コミまとめはこちら

VIOを脱毛する際のサロン・クリニックの選び方

VIOを脱毛する際に、料金だけを見て決めていいのか?というと、そうではありません。実際に私のもとに寄せられた相談(失敗談)で、多いものをご紹介します!

VIOラインの脱毛で多く寄せられる失敗談

・どこの部位よりもVラインが一番痛くてつらい!
・化粧品を押し売りされた!
・行くたびに高額な他コースの勧誘をされてうざい!

痛みについて悩んでおられる女性が非常に多く、とくに医療レーザー脱毛に通っている方に多いです。

Vラインは毛が太くてしっかり生えており、皮膚も薄いため痛みに敏感なのです。サロンは効果が弱いかわりに痛みは少ないですが、クリニックを選ぶ場合はテスト照射でどれくらいの痛みかチェックするのと、クリーム麻酔の料金をチェックした方がいいでしょう。

次に押し売りや勧誘についてですが、これはスタッフに歩合の給料がついているサロンに多いです。クリニックは比較的、勧誘は少ないかと思います。

経験上、勧誘が強いサロンは初回のカウンセリングのときから勧誘がひどいので、カウンセリング時に勧誘が強ければ、そのサロンは選ばない方がいい。ということを覚えておいてください。

以上のポイントを理解した上で、VIOの料金を参考にしてください。上から、私がおすすめしたい順に並んでいます(^^

VIO脱毛が安いのは?料金比較

サロンとクリニックごとに、主要店舗の料金を比較してみました。
←スマホは左にスクロールしてください。

  • サロン
  • クリニック

  料金 VIOの範囲 展開エリア
プリート 110,160円(12回) V全体、Iライン、Oライン 東京・埼玉・神奈川
ミュゼプラチナムミュゼプラチナム 116,640円(12回)
キャンペーン価格
トライアングル上・下
Iライン、ヒップ奥、へそ下
Vライン上、Vライン
全国
ジェイエステティックジェイエステティック 94,608円(12回) トライアングル上・下
Vライン、Iライン
Tバックゾーン
全国
ストラッシュ 84,218円(12回)119,858円(無制限) Vライン、Iライン、Oライン 全国
銀座カラー銀座カラー 243,648円(通い放題) Vライン(上部・サイド)
Iライン、ヒップ奥
全国
エステティックTBC 75,168円(8回) トライアングル、Vライン
Iライン、Oライン
全国
ディオーネ 129,600円(VIO全て処理)
103,680円(一部残す)(12回)
ビキニVライン(上・サイド)
Iライン、Oライン
全国
エピレ 112,752円(12回) ビキニVライン(上・サイド)
トライアングル
Iライン、Oライン
全国
レイピスレイビス 132,000円(8回) ビキニVライン(上・サイド・センター)
Iライン、Oライン
全国
脱毛ラボ脱毛ラボ 154,740円(12回) ビキニVライン(上・サイド)
Iライン、Oライン
全国

  料金 麻酔料金 VIO範囲 店舗エリア
アリシアクリニック 61,900円(ビューティ/5回)85,900円(スムース/5回) 1,080円 ビューティ:Vライン(ビキニライン)
スムース:V全体
関東・大阪
レジーナクリニック 90,720円(5回) 無料 Vライン(全体)
Iライン、Oライン
全国
GLOWクリニック 73,440円(5回) 1,080円 Vライン(全体)
Iライン、Oライン
東京(渋谷)
クレアクリニック 59,486円(5回) 3,240円 Vライン(上・サイド)
Iライン・Oライン
V全体の場合は5回83,980円
東京(新宿・渋谷)
湘南美容外科 58,000円(6回) 3,240円 Vライン(全体)
Iライン、Oライン
全国
リゼクリニック 99,800円(5回) 3,240円 Vライン(全体)
Iライン、Oライン
全国
フェミークリニック 105,840円(5回) 2,160円 Vライン(足の付け根2㎝の範囲)
IラインOライン
V全体の場合は5回151,200円
東京・大阪
品川美容外科 94,986円(5回) 2,991円 V(ビキニ)ライン
Iライン
Oライン
全国

回数別の料金や、キャンセル料など、もっといろんな料金を知りたい方には「VIO脱毛ができるサロン・クリニックの料金比較!安いのは?」のページでまとめていますので、参考にしてみてください。

そもそもVIO脱毛とは?

VIO脱毛とは、いわゆるアンダーヘアの脱毛。陰部周辺のデリケートゾーン・ビキニラインの脱毛のことです。

脱毛サロンやクリニックでは、Vライン、Iライン、Oラインをあわせた、VIO脱毛またはハイジニーナ脱毛という呼び名で呼ばれていることが多いです。

ハイジニーナは、アンダーヘアを全てなくした状態のことを指します。
vio

Vラインとは

水着を着るときなどに気になるのが、パンティーラインに沿ったVラインです。

どの部分をVラインと呼ぶかはサロンによって若干違いますが、正面からみて、三角形型の陰毛の上両側のVライン、その内側をトライアングルと分けていることが多いです。

サロンによっては、トライアングル部分もふくめてVラインと呼んでいます。(例:プリート

v

Iライン・Oラインとは

Iラインは性器横、Oラインは肛門まわりです。

i     o

多くのサロンでは粘膜部分は照射できないと言われますが、キレイモは粘膜部分もふくめて毛の生えているところ全て、アリシアクリニックは、Iラインスムースプランは粘膜部分も全てIラインビューティープランは脚の付け根から2.5cmの範囲を施術可能です。

I・Oラインのムダ毛は蒸れやすいため、特に夏場は不快感に悩んでいる女性も多いです。

また、色素沈着が起こりやすいので、自己処理による刺激が続くと黒ずんでしまうこともあります。

抜くのは痛いし、剃っていると生えかけてきたときチクチクして、下着を突き抜けて出てきちゃったりするのも気になるんですよね…。

そんなわけで、ハイジニーナ脱毛は恥ずかしくて勇気がいる反面、実はニーズが高く、ワキや両ヒザ下についで、人気の部位になっています。

よくあるVラインの形と人気の形

VIOの脱毛をするときは、毛をどんな形に残すのかを自分で自由に選ぶことができます!

IラインとOラインは毛を残さずつるつるに脱毛する方がほとんどですが、Vラインの場合、ある程度毛を残す方も多いです。

Vラインの形で人気なのがまず逆三角形のトライアングル一番自然で一番人気の形です。形はお手入れ前と同じまま、面積を小さくして、下着からはみ出ないようにします。

次にだ円のオーバルや、U字型も自然に見えやすくて人気です。

 

あとは、長方形型のIライン型真四角のスクエアにする方も。トライアングルより面積を小さくして、面積の小さい下着でも脇からはみ出しにくくします。

Iライン型をさらに細くする方もいらっしゃいます。(これだったら、全部なくしてしまってもいいのでは?と私なんかは思ってしまいますが…)外国の方に人気なデザインで、大胆な水着や下着の時にはみ出さないようにするそうです。

また、中には見た目のかわいらしさ・デザインを重視してハート型にする方もいるそう!

そして、もちろん全て毛をなくしてしまう(ハイジニーナ)も。日本ではまだまだ浸透しきってはいないけど、欧米では全て毛をなくすハイジニーナが一般的なんだそう。

以上のように形を整えるだけでなく、毛が完全になくならない程度の少ない回数で光を当てて、形はそのままに毛を薄くすることもできます。

毛を薄くする時は、はじめの数回は全て剃って光・レーザーを照射して、途中から、毛を残したい部分は照射せず、そのまま残すようにします。

2、3回照射することで、毛が細く、薄くなります。

当サイトのアンケートでは、ほとんどの方が小さめのトライアングル

VIO脱毛を完了した方にアンケートを取ったところ、回答者(20名)中、7割の方が、小さめの逆三角形(トライアングル)にしたと回答されていました。

残りの2割の方はVIOすべてをなくすハイジニーナ、1人が全体の毛を薄くしたとの回答でした。

まだまだ、すべての毛をなくす方は少なくて、下着や水着からはみ出さないように、自然に仕上げる小さめのトライアングルが圧倒的に人気のようです。

その他のQ&A

その他、VIO脱毛について気になる点について、VIO脱毛を体験された方のアンケート結果をまとめました。

VIO脱毛の痛みはどのくらい?

Vラインに関しては痛みは全く感じませんでした。Iラインはチクッと痛みを感じる事もありましたが2~3回感じた程度なので気にはなりませんでした。

一番痛みを感じたのはトライアングル上です。耐えられない程の痛みではありませんが針で刺されたような痛みを一度の施術で数回感じました。(ミュゼプラチナム)

デリケートな部分だからか、耐えられないほどではありませんが痛みを感じることは結構ありました。チクッと刺さるような痛みがありました。(ミュゼプラチナム)

私の場合は痛みはあまり感じませんでした。10段階で4程度です。
小さなゴムを弾かれてるような痛みでした。施術後の方が熱を持ってる感じで痛かったです。(銀座カラー)

痛みは我慢できる程度でした。一回だけ、赤くなってから、なかなか赤みが引かない状態が続きましたが、その時だけで、他にはトラブルなどなかったです。(フェミークリニック)

自分自身痛みには強い方だと思っていましたのが、予想以上の痛みでした。歯を食いしばれば声はでませんが、涙が無意識にポロリと流れました

パチッと平手で細かくたたかれているような痛みでした。全然痛くないと言っていた方もいたので本当に個人差があると思います。(アリシアクリニック)

皮膚をぐっと引っ張られるような、何かで弾かれるような強い痛みがある時もあって、思わず声が出てしまうほどでした。(湘南美容外科)

足に比べて痛みが強いとの説明があったので、ある程度の覚悟はしていたのですが、実際のレーザー照射の時は相当痛かったです。強くゴムで弾くような衝撃が伝わるのと同時にかなり皮膚の奥まで突き刺すような痛みで思わず息を止めてしまったほどでした。

VIOゾーンの皮膚は粘膜に近い非常に薄い組織なのでレーザーの刺激がダイレクトに伝わるのだと思います。(湘南美容外科)

医療の場合は特に、強い痛みを感じやすい様子。

希望すれば、部分麻酔のクリームを使ってくれるクリニックも多いです。

完了までにかかる期間や回数は?

毛が太くて黒いVIOゾーンは、産毛などに比べて、脱毛の光が反応させやすいので、痛みが強くなる反面、しっかりと効果が出やすいです!

医療の場合は5~8回で効果も出る人が多い様子。サロンは12回が目安ですが、もっと少ない回数で完了された方もいました。

どれくらいの回数でVIO脱毛が終わったか、アンケートを取ってみましたので、「VIO脱毛で効果が出るまでの回数は?クリニックとサロン比較」のページを参考にしてみてください。

VIO脱毛する時って恥ずかしくない?

デリケートな部分なだけに、恥ずかしくないのかが気になるところです。

実際に体験した人は、どんなことが恥ずかしいと感じたのでしょうか?

VIO脱毛を受ける前の処理の確認が恥ずかしい

VIO脱毛を受ける前に、しっかり陰毛がカットされているかをスタッフの方が確認してくれます。
カットが不十分だと、かなり細かい部分まで処理を行ってくれます。
この時デリケートゾーンを見られるのが恥ずかしいと感じるようです。

VIO脱毛処理の為に履く紙パンツが恥ずかしい

着替えの時に渡される紙パンツが恥ずかしいとの声が多いようです。
この紙パンツは処理をスムーズに行う為に、スタッフの方が動かしたりしますので、アングルによってはデリケートゾーンが見えてしまう事も・・・。

VIO脱毛処理を行う時のポーズが恥ずかしい

Iラインの脱毛処理はこの紙パンツをTバックのように引っ張られ、片足を上げる必要があります。
この時に紙パンツをずらしたりしますので、デリケートゾーンが見えるのが恥ずかしいと感じる方が多いようです。

またOライン処理の時にお尻を開かれて、肛門部分が丸見えになるのが気になるという声も。

どんな姿勢でお手入れするの?

Vラインの時は、そのまま仰向けで寝た状態でお手入れします。施術しているところ以外は、タオルをかけた状態。

Iラインは片足の膝を曲げた状態で開いて、性器横の部分に光を当てていきます。

Oラインはうつぶせになって店員さんがお尻をひらくようにして肛門まわりに当てていくか、横向きになって、同じようにお尻をひらいて当てていきます。

においとかは気にならないの?

VIOが恥ずかしいと思う人の中には、他人に見られるのが恥ずかしいというのはもちろんなのですが、デリケートゾーンのにおいは大丈夫なのかと気になっている方もいるようです。

もちろん、清潔にしていくことは大前提ですし、生理のときはVIO脱毛はできません。

生理が終わった直後のときなどに脱毛が重ならないように、スケジュールはよく考えて予約をするようにしたいですね。

あとは、きちんと清潔にしておくことを気をつければ、スタッフの方もプロですので、変な対応は絶対にされないですし、気にしすぎる必要はないんじゃないかと思います…!

スタッフさんはどんな対応なの?

やはり『デリケートな部分を他人に見られる』事が、VIO脱毛の恥ずかしさの一番の原因となっているようです。

恥ずかしさも、人によって様々で、『最初だけ恥ずかしかった』『慣れるまで恥ずかしかった』『どうしても恥ずかしすぎて駄目だった』などにわかれています。

ただ、サロンのスタッフの方は、VIO脱毛の処理に慣れているので、ごく当たり前な感じで、拍子抜けするくらい淡々と進めてくれますし、すばやく処理をしてくれたり、恥ずかしさを感じないよう配慮してもらえて救われたという方も。

管理人も、Vラインの脱毛を経験していますが、アイマスクをしてもらって見えなくなるから、自分でも見ているよりは恥ずかしくないかなと思うのと、スタッフの方が淡々と手早く進めてくれるので、あまり気にせずにすみました。

あとは、やっぱり慣れですね…!

初回は恥ずかしさがありましたが、だんだんと慣れてきて、最近はもう何も感じなくなっています笑

事前のシェービングはどうする?

VIOの脱毛をするときは、事前に自分でシェービング処理をしなくてはいけませんが、IラインやOラインの場合、自分でうまく剃れなかったら、スタッフの方がそり残しをシェービングしてくれるサロンも多いです。

(ちなみに、サロンの方に自己処理のやり方についてお聞きしたところ、IラインやOラインは、あぐらをかくような姿勢で、前かがみになって処理するとやりやすいそうです。見えづらくやりにくいときは、手鏡を前に置くとよいとのこと。)

お手入れの範囲や形は自分の好きなように決められるので、その形に剃ってきます。

おすすめランキングトップへ

最終更新日: