家庭用脱毛器

トリア脱毛器の口コミ・価格・特徴まとめ

トリア脱毛器の口コミ・価格・特徴まとめ

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xは、光脱毛が主流の家庭用脱毛器の中で、唯一、レーザー脱毛をうたっている脱毛器です。

レーザー脱毛といえば、エステの光脱毛より強い、クリニックでの医療レーザー脱毛なので、家でレーザー脱毛って…エステでも駄目なのに、いいのかな?という気も正直しちゃうのですが…汗

営利目的の場合は、医療従事者でないといけないのですが、個人が自分で脱毛をする場合は問題ないみたいですね(^^;

トリアは医療レーザーでも使用される、ダイオードレーザーを使用していますが、医療用レーザーよりも出力を抑えて、家庭でも利用できる仕様になっており、アメリカのFDA(食品医薬品局)が唯一認可した家庭用脱毛器とのことです…!

トリアの脱毛器には、全身に使用できるトリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xと、より細かい部分用の、トリア・パーソナルレーザー脱毛器プレシジョンがあります。

当サイトで独自に集めたアンケートをもとにまとめた口コミと、管理人が実際に使ってみたので、その体験レビューも載せています!

トリアの良い口コミと悪い口コミの比較

トリアの良い口コミ

  • 月に1回のペースでお手入れを行っていたら、1年後には、毛の濃い部分もサボテン状態からまばらな状態にかわりました。
  • 耐えられるレベルの痛みでした。慣れてくると痛みの感じ方が少なくなります。生えるのが遅くなってきたので嬉しいです。
  • レーザーの光が毛の色素に反応するので、濃い毛太い毛に効果的でした。Vラインもすっかり綺麗になりました。
  • レーザーの出力が強めで効果を実感できました。ムダ毛が生えてくるペースが遅くなりました。
  • カートリッジの交換をしなくても良いので経済的でした。

トリアで脱毛をした方の口コミでは、きちんと効果を感じられたという声が多かったです。Vラインなどサロンでお手入れを受けるのは恥ずかしいという人も、自宅でお手入れできるので良いようです。

マコ
マコ
デリケートゾーンも、トリアのように照射口が小さいほうがやりやすいかもしれないですね!

トリアの悪い口コミ

  • 照射口が小さいので、一度に狭い範囲にしか照射できない。そのためお手入れに時間がかかりました。
  • とても痛かった。痛みに耐えながら照射するのは辛かったです。
  • 重たいので、長く手に持ち続ける事ができず、思い通りに脱毛が進まなかったんです。
  • 充電が切れやすいのが難点でした。
  • 産毛のような細い毛や色が薄い毛にはあまり効果がありませんでした。

フラッシュ脱毛は光が拡散するのに対して、レーザー脱毛は光を一箇所に集めるため、どうしても熱さや痛みを感じやすいようです。

トリアは照射口が小さいので、一度に照射できる範囲が狭く、ひざ下やひじ下など広い範囲を照射するのはとても大変なようですね。

マコ
マコ
レーザー脱毛器ということもあって、痛みを感じやすいようでした。

トリアの口コミまとめ

当サイトに寄せられた口コミは以下の通り。

トリアの口コミ①

脱毛はエステ等に行かなくては出来ない物と思っていたのですが、トリアを買って試してみて、その効果に驚きました。実は、昔体験でエステの脱毛をしてみた事があったのですが、それくらいの効果は確実にありました。

その頃、手足、脇をエステで頼んでいたら、何十万もかかっていたのですが、それが家で、5万以下で出来るというのは大変コストパフォーマンスが良いと思います。

他にはこんな口コミも。

トリアの口コミ②

私が使っているのは、レーザー脱毛器TRIAです。TRIAはレーザーの出力レベルを5段階から選べるので、毛の太さや当てる部位によって出力レベルを変えながら、肌に負担をかけることなく使用することができます。

使用した実感としては、とても効果があります。そんなに定期的に使用しているわけではなく、サボりつつ適当に照射している感じなのですが、脇はほとんど毛が生えてこなくなりました。生えてきても極細い毛なので、目立たないし気にならない程度です。

カミソリで処理していた頃はポツポツが目立って肌も荒れていたのですが、今は触ってもツルンとしていますし、毛穴が目立たなくなったので袖の短いシャツを着ていても安心です。

ただ、太い毛に強いレーザーを照射したときはものすごく痛いので、低い出力レベルから照射していき、徐々にレベルを上げていくなど注意が必要だと思います。

使い始めの頃は、早く効果が出て欲しいという思いから、高出力で照射しようとして何度も痛い思いをしました。焦らず、少しずつ継続することが大事だと思います。

また、バッテリーの持ちが悪くすぐに電池がなくなってしまうので、しょっちゅう充電をしなければいけないのも残念なところです。全体的な評価としては、すごく満足していますし、購入して良かったと思っています。

トリアの口コミでは、レーザー脱毛ならではの効果の高さを挙げる人が多かったです。

一方、痛いということや、照射口が小さいのでお手入れに時間がかかり、重いので疲れたり、充電も切れやすいといった点がデメリットとしてあがっていました。

\クリック!/

トリア4Xとプレシジョンの特徴

トリアの脱毛器には、全身に使用できるトリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xと、より細かい部分用の、トリア・パーソナルレーザー脱毛器プレシジョンがあります。

脱毛器トリア4Xトリア プレシジョン
名称4Xプレシジョン
脱毛方式FDA認可済みのレーザー脱毛技術を搭載(ダイオードレーザー式)
使用可能エリア全身(使用禁止部位を除く)
推奨エリア腕・足・お腹周りなど広い箇所口まわり・ワキ・Vライン・指先など細かい箇所
フル充電での使用時間(※1)約30分約15分
照射レベル5段階3段階
価格39,800円36,800円

※1 最大レベルの場合

一般的な家庭用脱毛器は光脱毛のものがほとんどですが、トリアは自宅でレーザー脱毛ができてしまう脱毛器です。ダイオードレーザー式で光脱毛よりも脱毛効果が高いのが特徴です。

トリアの照射面積は直径1センチ(円型)なので、指など細かい部分に当てやすい一方で、脚や背中など広範囲は回数と時間はかかるというのが難点。

4Xだと約2時間でフル充電できて、連続で約30分使用できます。照射口が小さいので30分で全身というのはなかなか難しそうですが、充電式というのは追加コストがかからず経済的ですね。

トリアの寿命

一般的な家庭用脱毛器は照射可能回数が決まっていて、なくなればカートリッジを交換して使用するようになっています。トリアの場合は、レーザー脱毛なのでカートリッジはなく充電式で内臓バッテリーがあります。このバッテリーが消耗してしまうと使用できなくなっています。

バッテリーがすぐに消耗してしまうということはなく、最大レベルで約15万ショット可能です。もし、バッテリーの寿命がきても、本体を約2万円で交換してくれるようなので、他の脱毛器に買い替えるよりも交換する方が安く済みそうです。

もし、2年以内に使えなくなってしまった場合は「2年間保証」がついているので、無償で修理または交換してもらえます。

トリアって顔やVIOにも使えるの?

家庭用脱毛器を買うなら、全身どこでも使用できるものが良いですよね。トリアのレーザーはメラニンに反応します。色が濃い部分に反応してそこをターゲットとします。

トリアの公式サイトによると、「他の部分より色が濃いところやデリケートゾーン・ホクロやシミがある部分、日焼け・ケミカルピーリング後など肌が健康でない状態の時は使用しないでください。」との注意書きがあります。

顔については、「鼻から上部分(目・眉毛・まぶた・まつ毛などの目元や額、こめかみ、ほほ骨、鼻の穴)」は禁止されているようです。つまり、トリアが使えるのは顔とデリケートゾーン以外の全身ということになりますね。

顔やデリケートゾーンはサロンやクリニックでキャンペーンを行っているところも多くあるので、サロンやクリニックで行うのでも良いかもしれませんね。

顔もVIOにも対応している家庭用脱毛器だとLAVIEがあります。ただ、光脱毛なのでトリアに比べると脱毛効果は低いと思います。

トリアは使ってみて満足しなかった場合は、購入から30日以内であればどんな理由でも返品ができます。また、2年以内であれば無償で修理や交換を行ってくれるので安心です。返品できるので、気軽にお試しできそうですね。

\クリック!/
トリア脱毛器を実際に使ってみた体験レポート
トリア脱毛器を実際に使ってみた体験レポート管理人がトリアを使ってみました!光脱毛より痛いっていうけど、実際どうなの?効果は?! Contentsコードレスで手軽だけど、長時間は重…