脱毛体験レポート

ケノン脱毛器を実際に使ってみた動画レビュー

ケノン脱毛器を実際に使ってみた動画レビュー

管理人がケノンを実際に使ってみたので、動画つきでご紹介します!

ケノン本体

脱毛前の準備

ケノンには、本体の脱毛器以外に、アイスノン、サングラスがついてきます。

ふたを閉じた状態のケノン

本体のふたを閉じた状態はこんな感じ。なんか、丸っこくてかわいいですよね!

ケノンの照射面

↑このバーコードリーダーのような部分が、光を出す照射面で、ここを肌にあてて、照射していきます。

本体のコンセントを入れて、電源をつけたら、照射レベルを調整します。

照射レベルは、説明書によると、肌の色が白いほど強い照射レベルにして良いとのこと。説明書にだいたいの肌色見本と、照射レベルの目安が載っています!今回、はじめてだったので、まずはあまり強くない照射レベル4でやってみました。

あとは、ホクロの黒い部分には、脱毛器を当てることができないので、白いテープなどでカバーしておきます。人によっては、修正ペンで塗ったりして保護しているそうです…!今回は、怪我の時に使うテーピング用のテープを使いました。

照射スタート

自動モードにしておくと、肌に脱毛器を正しい角度で当てれば、自動的に照射されて簡単です。手動で、ボタンを押して照射するモードも選べます。脱毛器を当てる前と当てた後に、アイスノンで肌を冷やしてから、サングラスをつけて、照射していきます。

今回は、右腕でケノンの効果を試してみます。私の場合、腕はあまりムダ毛が目立たないので、もしかしたら効果がわかりづらいかもしれないのですが、ケノンは産毛にも効果があるということだったので、試してみることにしました…!

照射レベル4だと、ほとんど熱さを感じない程度で、レベル7くらいに上げると、少し熱さと、パチンと当たる弱い刺激を感じます。エステの脱毛よりも、さらに弱い刺激です…!

使ってみて、実際ケノンの効果はどうだった?

私の場合、ワキやヒザ下はエステで脱毛を受けていたので、腕の毛でケノンを試してみました。

うぶ毛は、エステでもなかなか効果が出にくいところでもあるので、エステよりも効果が弱いはずの家庭用脱毛器で効果が出るのか不安でしたが、ケノンは2週間感覚で使うことができるので、その分回数を多くして、チャレンジしてみることに…!

初回はちょっと出力を落としすぎたせいもあって効果はわからなかったけれど、使い続けているうちに、ちょっと毛が減ってきたかも。

ケノンで脱毛した腕

ほくろやシミが多くてお見苦しくて申し訳ありません…もともと腕の毛はあまり目立たない方だったので、目に見えての変化はそこまではないかもしれないのですが、少しずつですが毛が減っているように思います。ずっと続けていれば、本当に生えなくなってくるんじゃないかな?

後日、サロンで腕の脱毛を体験した時は、1回目で毛が少しですが抜けたので、やっぱり脱毛器はエステよりは出力が弱いから、効果が出るには時間がかかると思いました。

だって、エステだと冷たいジェルを塗って、ヤケドや痛みを防がなきゃいけないレベルなのに、ケノンは自分で直接肌にあてて大丈夫なんですものね…。1回の照射での効果はちがって当たり前だと思います。

ただ、そのぶん、ひんぱんに好きな時にお手入れできるのはメリットですね。

個人的には、プロにやってもらえる脱毛サロンのほうが好きだけど、家庭用脱毛器をいくつか試した中では、ケノンが一番良かったな。

ケノンは男性でヒゲに使っている方も多くて、家庭用脱毛器にするならケノンが1番効果が期待できるんじゃないかと思います。

\クリック!/