メンズ脱毛

ヒゲ脱毛はどれくらい痛いのか?痛みが強くなる人の特徴

ヒゲ脱毛はどれくらい痛いのか?痛みが強くなる人の特徴

ヒゲ脱毛についての質問で多いのが、「痛み」と「料金」についてです。

特に痛みに関しては、日常生活で経験することのないような痛みなので、不安に感じている男性は多いのではないでしょうか。ヒゲ脱毛をしたいけど、痛みが怖くて一歩が踏み出せないという男性も多いです。

実際のところはどんな痛みなのか?痛みに弱くてもヒゲ脱毛できる方法はあるのか?などヒゲ脱毛の痛みについてまとめました。

一般的にはゴムで弾いた痛みと表現される

脱毛の痛みはよく「ゴムで弾いた痛み」と表現されますが、痛みに耐えきれなくて麻酔を使用したとか、痛すぎて通うのをやめたという口コミを見ていると、実際の痛みはゴムで弾いたよりも痛いのではないかと思ってしまいます。

たしかにゴムで肌を弾いてみると、そんなに耐え切れないほどか?と思うかもしれませんが、その痛みを連続的にうけることを考えると結構痛いですよね。

脱毛の痛みの感じ方は個人差があり、部位によっても全然違います。メンズ脱毛の中で最も痛いとされる部位がヒゲとVIOで、その理由はどちらも毛が濃く太いためです。ヒゲ脱毛をした人の中には、「ゴムで弾いた痛みというが、実際はそんなもんじゃない」「涙が出るほど痛かった」「悶絶した」とゴムで弾かれた以上の痛みを感じる方も多いです。

このようにかなり強い痛みを感じた人は、レーザー脱毛でヒゲ脱毛をされた方がほとんどで、一般的に使われるゴムで弾いた痛みというのは、脱毛の中でも痛みが少ない光脱毛に対する表現だと思っておいた方がよさそうです。

実際、私が体験した感じだと、確かに光脱毛はゴムで弾いた感じに似ており、医療レーザーは針を刺されてる感覚で光脱毛の3倍くらい痛かった印象があります。麻酔なしでヒゲ脱毛をしていると涙が止まりませんでした。汗

光脱毛とレーザー脱毛の痛みの比較

光脱毛もレーザー脱毛も原理は同じで、光やレーザーが毛の黒色に反応することで熱が発生し、毛根を刺激します。この時に発生する熱が痛みの原因で、光脱毛は毛根にダメージを与える程度のパワーですが、レーザー脱毛は毛根を破壊するほど強く、皮膚の中で軽いやけどを起こした状態になっているため痛みを強く感じるのです。

では、実際にヒゲ脱毛をうけた男性はどんな痛みだったのか、痛みに関する口コミを調べてみました。

  • レーザー照射は正直ものすごく痛かったです。輪ゴムを限界まで引っ張ってパチン!と弾いたような痛みで涙が出てきました。時間にして10分ちょっとだったのですが・・・とっても長く感じました・・・。(Yahoo!知恵袋)
  • 医療脱毛は、輪ゴムを2本同時にバチンと弾かれてる感です。正直痛いです。(Yahoo!知恵袋
  • 痛みはかなりのものです。レーザーのひげ脱毛以上の痛い目にあった事が無いです。(Yahoo!知恵袋
  • めちゃくちゃ痛かったです。想像以上で、骨に針を突き刺しているような感じの痛みでした。(レーザー)
  • ヒゲ脱毛をやってみた感じでは、痛いことは痛いけど、そんなに言うほど痛くはなかったのでおすすめできます。(サロン)
  • チクっとする痛みと同時にほんのり温かく感じるような痛みでした。ものすごく痛いんだろうなと覚悟していたので拍子抜けしました。ただ、鼻下は少し痛かったです。(サロン)
  • 初めは体験したことのないチクチクした痛みにビビりましたが、慣れてくると耐えられないような痛みではありませんでした。(サロン)

たしかに、光脱毛とレーザー脱毛で痛みの感じ方にはかなり差があります。レーザー脱毛をゴムで例えるなら、1本じゃなくて2本、パチンではなく、限界まで引っ張って弾いたような痛みでしょうか。

光脱毛とレーザー脱毛の痛みの感じ方と効果を比較してみました。

光脱毛レーザー脱毛
痛みの程度★★★★★★
脱毛効果★★★★★★
照射時の温度約70℃約200℃
痛みの感じ方ゴムで弾かれた痛み毛穴に針が突き刺さるような痛み

レーザー脱毛は痛いだけあってその分効果が高いです。

光脱毛でもヒゲが濃い人は反応が良く、ゴムで弾いたよりも痛いと感じたり、光脱毛は連続照射するので痛みが残ったまま照射していくことにより痛みを強く感じる場合もあります。

鼻下はヒゲの中でも特に痛みが出やすい部位

サロンやクリニックでのヒゲ脱毛といえば、「鼻下・アゴ・アゴ下」が一般的で、広い範囲だと両頬やもみあげ、首が含まれます。

この中で、一番痛みが強いのが「鼻下」です。

顔は皮膚が薄く、敏感なので他の部位よりも痛みを感じやすい部位であるのですが、とくに鼻下は皮膚のすぐ近くに神経が走っているため、痛みを感じやすいのです。

そしてもう一つ、鼻下はヒゲの中でも特に毛が密集している部位で、1度の照射でたくさんのヒゲが反応するため痛みが出やすいです。範囲が狭いパーツなので、短時間で済むことが救いですが、実際は痛すぎてとても長く感じるようです。

ヒゲ剃りの時に肌表面の角質層まで一緒に削り取ってしまうと肌の水分が逃げてしまい、乾燥しやすくなります。乾燥した肌は肌のバリア機能を失っているので痛みを感じやすくなっています。しっかり保湿することで、多少痛みが軽減するかもしれません。

毛が太くて濃い人は痛みが強くなる

脱毛は黒い色(メラニン)に反応する光やレーザーが使われるため、濃く太い毛ほど反応が良く、痛みが強く出やすいです。ヒゲは小さい範囲に毛が密集してため、一度にたくさんの濃く太い毛が反応することで痛みが強くなります。

マコ
マコ
ただ、毛が太く濃い人ほど反応が良いため、薄い人に比べると効果が出やすいというメリットもあります。

痛みに弱い人におすすめしたいヒゲ脱毛

脱毛をするなら痛みは覚悟しないといけないとは思いつつも、やっぱり何回も通うことを考えるとなるべく痛みは少ない方が嬉しいですよね。

痛みに弱い方におすすめなのが、光脱毛かメディオスターでの脱毛です。もうどうせ痛みを味わうなら我慢するから早く終わってほしい!という方には、メディオスターという痛みが少ない最新のレーザー脱毛機を取り扱っているメンズリゼがおすすめ!

メンズリゼは医療クリニックなので、メディオスターでも痛かった場合は麻酔(クリーム:1回3240円)を使うこともできます。サロンの光脱毛は麻酔を取り扱えないので、麻酔が使えるのはクリニックだけのメリットですね。

とにかく痛いのは嫌だ!時間がかかっても通う方がマシ!という方には、リンクスがおすすめ!

リンクスはメンズ脱毛専門サロンで全国に45店舗あります。痛みが少なく、男性特有の濃く太い毛に効果がある脱毛機を導入しています。

11回目以降は1回料金の80%オフで脱毛できるので、剛毛な方でも金銭面の負担は少なく済みます。また、スタッフは全員男性なので男性にしかわからないヒゲの悩みやデザインもしっかりサポートしてくれるので、脱毛が初めての人でも通いやすいサロンだと思います。

\リンクス公式サイトはこちら/