産毛(うぶ毛)に脱毛は効果あるの?

エステやクリニックの脱毛は産毛にも効果があるのでしょうか?

産毛の脱毛についてまとめました。

 

うぶ毛も結構見られてる・・・

脱毛というとワキやひざ下、ひじ下など、太くて濃い毛が気になりがちですが、実はうぶ毛も目立たないようでけっこう目立つもの。

顔のうぶ毛や手の指など、細くて薄いうぶ毛でも、結構人には見られていたりするんです・・!

その他にも、胸やおなか、背中やおしりなど、うぶ毛は全身に生えているから、水着を着る時など気になる事がたまにあります。

 

うぶ毛を自己処理すると濃くなる?

よく「うぶ毛は剃ったら濃くなるから剃らない方が良い」と言います。

確かに足や腕の毛は長年剃り続けると毛が太く、濃く見えますよね。

基本的には、毛が途中でカットされて太くなったように見えるだけなのですが、自己処理を繰り返すことによって、肌を痛めつけてしまいます。

 

産毛とは言っても、特に顔の毛とかはお手入れするだけでワントーン顔色が明るくなりますし、見た目が美しくなるだけでなく、肌触りもすべすべになります。

ムダ毛がなくなることで雑菌が繁殖しにくくなり、背中などのニキビが改善することも。

なるべく剃らないほうが良いと言っても、そのままにはしておきたくないものです。

剃るのが良くないとしたら、エステでの脱毛はどうなのでしょうか?
 

エステやクリニックの脱毛は産毛に効果あるの?

エステの脱毛の方では、「脱毛エステはうぶ毛には効かない」という話もたまに聞きます。

確かにエステの光脱毛や、クリニックのレーザー脱毛は、毛の黒い色に反応する仕組みなので、色素が薄いうぶ毛には反応しにくいです。

 

メラニン色素に反応させる光やレーザーの脱毛でなく、TBCのスーパー脱毛のように、細い電極をすべりこませて、毛根に電気を流す電気脱毛であれば、産毛でも、普通の毛と同じように処理することができます。

ただ、スーパー脱毛は一本一本電気を流して処理するので、痛みがどうしてもあるのと、料金が高いのがデメリット。

 

一方、光脱毛は、もともと電気脱毛より痛みが少ないですし、うぶ毛だと反応しづらさはあるけど、痛みはほぼ全くといっていいほど感じないです。

光脱毛やレーザー脱毛でも、産毛にも比較的効果が出やすい機種があるので、そういった脱毛機を使っているところを探すのもおすすめです。

 

脱毛機の機種によって産毛への効果は違いがある

どんな脱毛機があって、どんなものが産毛に効果があるのか?まとめました。

 

クリニックのレーザー脱毛機

クリニックでのレーザー脱毛は、エステよりも出力が高いので、痛みがやや強いのと、料金が割高なのがデメリット。

主なレーザー脱毛機は下記のものがあります。

 

①アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトという宝石を使ったレーザー機。

波長755nm前後で、パルス幅20マイクロ秒(ロングパルスレーザー)。

代表的なのが、日本ではじめに普及した米国サイノシェア社のLPIR(ロング・パルス・アレキサンドライト・レーザー)や、キャンデラ社のジェントルレーズ

毛のメラニンに反応するので、産毛には効きにくい。

湘南美容外科などで使用されています。
 

②ダイオードレーザー

半導体を使用したレーザー機。波長810nm前後。

ダイオードレーザーもメラニンに反応する光ですが、アレキサンドライトとは波長が異なり、産毛にも比較的効果が出やすいと言われています。ただ、やはり毛のメラニンへの作用が基本なので、産毛には効きにくいのは事実。

代表的な機種は、ルミナス社のライトシェアデュエット、コメット、イスラエル Alma Lasers社のソプラノなどがあります。

コメットはダイオードレーザーにRF(高周波)を組み合わせて、レーザー光を毛根に集中させやすくするので、肌のメラニン色素に影響されにくく、より産毛にも効果が出やすいそうです。聖心美容外科などで使われています。

ライトシェアデュエットは、アリシアクリニックなどで使われています。⇒アリシアクリニックの口コミ

 

③YAGレーザー

波長1064nm前後と長く、肌の深部に届きやすいので、肌表面のメラニンの影響を受けにくく、日焼けした肌や産毛に使われます。

ただ、他のレーザー機に比べて、脱毛の効果は低いと言われています。

 

④複合機

上記のレーザーを組み合わせた、複合レーザー機もあり、産毛の時はYAGレーザーというように、効果的に使い分けて脱毛することができます。

サイノシェア社のアポジーエリート(ロングパルスアレキサンドライト+YAGレーザー)などがあります。

また、サイノシェア社のエリートMPXは、YAGとアレキサンドライトを連続して照射することができ、相互作用が期待できるので、より弱いフルエンス(≒出力)で効果が上げられるそう。

 

⑤注目!最新の医療レーザー脱毛機

メディオスターNeXTという最新のダイオードレーザー脱毛機は、毛根の毛乳頭の破壊ではなく、毛が生えるもととなる、発毛因子 バルジ(毛の根元より少し上の、毛のまわりにある)に作用します。

hair-structure

毛根のメラニンに反応させるのではないので、日焼けで肌の色が黒い方や、産毛など、肌と毛の色の違いが少なくても効果があると言われています。

アリシアクリニックなどで導入されています。

 

エステサロンでの光脱毛

脱毛サロンの光脱毛にはいくつかの種類がありますが、有名なものは下記のとおり。

 

①IPL脱毛

もっとも一般的な光脱毛機で、銀座カラーなど多くのサロンで利用されています。(詳しくは、SSC脱毛とIPL脱毛の違いへ)

毛のメラニンに作用するものなので、うぶ毛への効果はやや低め。

波長は機械によっても違いますが、だいたい一般的には500~1200nmほど。フェイシャルの波長もあるので、脱毛に使われるのは、600~700nmほどが最適とされます。

ただ、全く効果がないわけではなく、IPLと同じ光線をつかうフォトフェイシャルという美顔治療でも、顔の産毛への効果がみられるとも言われています。

 

②S.S.C脱毛

イタリアDEKA社製のM.S.クリプトン、P.S.クリプトン(最新機種)による脱毛。

波長は550-1400nm。

光による脱毛だけでなく、ジェルにふくまれた抑毛成分が、光を当てることで成分の入ったカプセルが割れて、肌に浸透し、光とジェルの相乗効果で抑毛するというもの。

ただ、実際のところ、ジェルの抑毛効果というのは実証的な根拠がメーカーのサイトに公表されているわけではなく、管理人は、ほぼIPL脱毛機と同じものと考えています。

S.S.C脱毛を採用しているのは、ミュゼや脱毛ラボ。

ミュゼの口コミ

 

③ハイパースキン脱毛

ディオーネで使用されている「ハイパースキンカレン」という脱毛機を使った脱毛です。

波長は、575 – 1080nm、パルス幅6.5m秒。

成長期の毛根の毛乳頭に作用するのではなくて、発毛前のもととなる発毛因子(バルジ)に作用させるもの。

約36℃の低温の光をつかい、うぶ毛にも効果があるし、痛くないと言われています。

料金は他のサロンより高額になりますが、顔のうぶ毛の脱毛でも評判です。⇒ディオーネの口コミ

ハイパースキンカレン以外にも、ラココなどで使われているSHR脱毛機など、同じようにバルジに作用する機種がでてきています。

 

フォトRF・e-light脱毛

美肌治療にもつかわれる、IPLとRF(高周波)の複合機です。

高周波はメラニンの影響を受けないため、産毛や日焼け肌にも効果が出やすいそう。
 

うぶ毛の硬毛化・増毛化って?

なお、産毛の脱毛の場合、ごく稀に、レーザー脱毛をすることで産毛が濃くなってしまう硬毛化や増毛化(多毛化)が起こることがあります。

(詳しくは、脱毛で毛が濃くなるの?へ)

そういったリスクもきちんと説明し、万一のときの保証をしてくれるクリニックもあるので、そういったクリニックを選びましょう。

 

まとめ

光脱毛やレーザー脱毛は産毛には効果が出にくく、回数がかかるのですが、産毛に効果が高いと言われる最新理論の脱毛機も出てきています。

最新機種をつかっているサロン、クリニックを選ぶのも1つだと思います。

また、ごく稀ですが、硬毛化という産毛が濃くなってしまう現象があります。クリニックではそういうリスクもきちんと説明して、万一の時の対応もきちんとしてくれるところが多いので、そういうクリニックを選ぶようにしましょう。>>おすすめの医療脱毛クリニック
 

 

最終更新日: