SSC脱毛とIPL脱毛の違いーエステ脱毛の種類

エステの脱毛は、いま光脱毛(フラッシュ脱毛)が主流ですが、じつは光脱毛にもいくつか種類があります。

IPL脱毛と、S.S.C脱毛が代表的な2種類ですが、どういう違いがあるのでしょうか?

ここでは、IPL脱毛とSSC脱毛、それぞれの特徴や違いをまとめました。

 

そもそも光脱毛って?

フラッシュ脱毛は、特殊な光を毛根近くのメラニンに反応させて、毛の成長のもとになる毛乳頭(毛母細胞が細胞分裂して毛の細胞になっていくのですが、その毛母細胞に栄養を供給するのが毛乳頭)に熱ダメージを与えて熱凝固させて働かなくさせることによって、毛の再生を抑制するというもの。

hair-structure

医療用レーザー脱毛と原理は似ていますが、使っている光がレーザーなのかフラッシュ光なのかの違いがあります。(参考: 医療レーザー脱毛と光脱毛の違い

毛根に電気を通す美容電気脱毛もありますが、光脱毛は痛みやトラブルの心配が少なく、安心して受けられるのが特徴です!

 

IPL脱毛とSSC脱毛の違い

IPL脱毛とSSC脱毛は、どちらも光のエネルギーを使って毛根にある毛乳頭にダメージをあたえるのは共通。

ただ、使用しているライトとジェルに違いがあります。

 

IPL脱毛

IPLはIntensive Pulse Lightの略で、キセノンランプというランプを使用した脱毛機です。

シミやそばかすのフォトフェイシャル治療にも使われるライトで、色白になる、美肌効果があるといわれています。

黒色に反応する光が、毛のメラニン色素に反応して熱を発し、毛根の毛母細胞のなかにある毛乳頭という発毛組織に熱ダメージを与えて、毛の再生する力を弱めます。

 

IPL脱毛を採用している代表的なサロンは、銀座カラーとエターナルラビリンス。(脱毛機の製造国・名称は非公開とのこと)

 

TBC・エピレは自社独自開発の機械、キレイモはPielという、照射ヘッドが冷えて、冷たいジェルを塗らずにお手入れできる国産の脱毛機を使っています。

シースリーはルネサンスという国産の脱毛機を使用していて、IPL脱毛と明言はしていませんが、これらの基本原理もIPL脱毛です。

 

S.S.C脱毛

S.S.CはSmooth Skin Controlの略で、イタリアのDEKA社が開発した脱毛システムのことです。

こちらも毛乳頭に作用する光を使うのは同じですが、毛の成長を抑制する成分が入ったジェルを塗り、その上から光を当てて、ジェルとの相乗効果で、抑毛するのが、IPLとの大きな違いです。

ジェルの中に、抑毛効果があるという成分「フィニリーブ」の入った「トレジャービーンズ」と名付けられたカプセルが入っていて、それに光が作用してカプセルの膜がやぶれて、有効成分が毛穴に浸透していくそうです。

また、IPL脱毛でつかう「キセノンランプ」の脱毛機より、肌にやさしい「クリプトンライト」の脱毛機をつかっていて、痛みがより少ないのが特徴と言われていて(参考:脱毛ラボ公式サイト)、光脱毛はメラニンの薄い産毛は苦手なのですが、ジェルの効果もあるぶん、産毛に効きやすいと言われています。

参考: 産毛の脱毛は効果ある?

フィニリーブは植物由来の成分とのこと。尿素、サリチル酸、セイヨウシロヤナギエキスなどが配合されていて、保湿効果もあるということ以外は詳細は分かりませんでした。(管理人個人の考えとしては、このフィニリーブやイソフラボンなど、抑毛効果のある美容成分っていうのは、効果は疑わしいかなと思っています。実証されている研究とかが見当たらないので…)

 

S.S.C脱毛を採用している代表的なサロンは、ミュゼや、脱毛ラボです。

ミュゼの口コミ

脱毛ラボの口コミ

 

 

なお、IPLとSSC以外に、ディオーネのハイパースキンカレンという脱毛機や、SHR式脱毛という新しいタイプの脱毛機があります。

これらの脱毛機は、成長期の毛根の毛乳頭に作用するのでなくて、毛穴の内側をおおっている毛包という部分に蓄熱して、発毛の発端となる発毛因子(毛乳頭や毛母細胞に毛を作るよう促す物質)がつくられるバルジという部分に熱ダメージを与え、発毛を抑制するというもの。(くわしくは毛周期の記事にも書いています

hair-structure

成長期かどうかに関係なく作用するので、通常の脱毛より短めのスパンでうつことができ、2週間~1か月おきに通って照射することができます。

→詳しくはディオーネの口コミ

 

IPL脱毛SSC脱毛のちがいまとめ

上記のように、IPL脱毛はキセノンランプ、SSC脱毛はクリプトンランプを使った脱毛機で、SSC脱毛の方は抑毛効果があるジェルを併用するのが特徴ですが、毛根のメラニンに反応する光を使って、毛を成長させるもとになる毛乳頭を熱凝固させるという原理は同じ。

最近では、毛乳頭ではなくて、バルジという発毛因子をつくる部分にダメージを与えるという、新しいタイプの脱毛機も出てきています。

管理人が体験するかぎり、IPLとSSCで効果について大きな差はないです。新しい脱毛機についても、毛周期に関係なく照射できるところは違いますが、必要な回数は同じなので、脱毛効果自体はほとんど変わりはなさそう。

あとは、サロンごとの料金プランや、サービスの違いもふまえて、自分に合うサロンを選ぶことが大事かなと思っています。

より高い効果を求める人には、痛みはエステよりありますが、クリニックの医療脱毛もおすすめです。⇒医療レーザー脱毛と光脱毛の違い

 

最終更新日: