痩身エステ中に脱毛してもいいの?実際にサロンに聞いてみた

「夏に向けて脱毛もしたいし、痩身エステもうけたい!」
どれだけ肌がツルツルになっても体が引き締まっていないとみっともないし、いくら肌が引き締まっていても毛がボーボーだともったいないですよね。

痩身エステに通っているときに脱毛してもよいのか?どれくらい期間をあければ施術ができるのかなど、痩身エステと脱毛の通い方と注意点についてまとめています。

痩身エステってどんな内容?

痩身エステ=痩せるというイメージがありますが、実際にはどんな施術をするのでしょうか。
痩身はクリニックでも受けられるし、サロンでも行っています。クリニックとサロンでは同じメニューもあれば、外科的な治療はクリニックでしか受けることができません。

痩身エステにはマッサージと機械を使った施術があります。

施術名 内容・効果
ハンドマッサージ エステシャンによるマッサージ。血液やリンパの流れを良くして、むくみを軽減させたり、脂肪燃焼を促したりします。
キャビテーション キャビテーション(超音波)を脂肪にあてることで、脂肪同士をぶつけて破壊する方法。
ラジオ派 キャビテーションと同じ方法ですが、ラジオ波はセルライトに効果的。RFや高周波と呼ばれることもあります。
エンダモロジー 2本のローラーで脂肪をつかみ、吸引することで脂肪やセルライトを分解する方法。
光痩身 近赤外線を当てることで、脂肪細胞の数を減らす方法。
EMS シックスパッドのように電流の刺激で筋肉を鍛える機器

美容外科となると、マシンを使用した施術が多く、レーザーを当てたり、注射治療をしたり、内服治療などがありますが、痩身エステと言えばもみほぐしや、マシンを使った施術が一般的です。

痩身エステと脱毛は同時進行で通える

結論からいうと、痩身エステと脱毛を同じ日に行うことはできないところがほとんどですが、同時進行で通うことはできます。

脱毛後は以下の内容が伝えられます。

  • 当日はお風呂やサウナ、激しい運動、飲酒など体を温めることは控えること
  • しっかりと保湿を行うこと
  • 肌に刺激をあたえるような行為は控えること

これはどこのサロン・クリニックでも共通している内容で、その理由は、施術部位は赤みが出たり、炎症が起きたりする場合があるので、体を温めてしまうと血流が良くなり、さらに赤みや炎症を悪化させたり、治るのに時間がかかってしまうからです。また、脱毛後の肌は乾燥しやすい状態なので保湿がとても大切です。

痩身は体を温めて血行を促進したり、吸引やもみほぐしなどで脂肪を分解するなど肌に強い刺激をあたえる行為なので、脱毛後の痩身エステは肌への負担が大きく、トラブルの原因となるため、同日の施術ができなくなっています。

どのくらいの期間をあけるかはサロンによって異なる

では、どのくらいの期間をあければ脱毛が受けられるのか、いくつかのサロンに問い合わせてみました。

ミュゼ 施術部位に関係なく、痩身エステと同日に脱毛はできない1日あければ脱毛可能
キレイモ 痩身エステ後、12時間あければ脱毛可能
銀座カラー 1ヶ月ほどあければ施術可能。傷や赤みがある場合は通っているサロン・クリニックに確認が必要
ジェイエステ 痩身と脱毛が同じ部位の場合は同日に施術することはできず、3日前後はあける必要がある。
施術部位が異なれば、予約状況によっては同じ日に受けることも可能
ヴィトゥレ 同じ日に脱毛と痩身は受けれないが、3日あければ交互に通うことも可能
湘南美容外科 脱毛と痩身は1ヶ月以上あける必要がある
アリシアクリニック 2週間程度あければ施術可能
リゼクリニック 1~2日あければ施術可能

サロンによって異なりますが、だいたい1~3日、長ければ1ヶ月あける必要があります。

大手サロン、クリニックの中でキレイモは12時間あければ通うことができますので、痩身エステと同時に脱毛したいと考えておられる方は、キレイモがいいかも。ただ、できるのであれば後述のように、両方の施術ができるところがベスト。

》キレイモの評判や口コミはこちらのページ

痩身エステと脱毛を同時期に通うなら同じサロンがおすすめ

痩身エステと脱毛の両方に通うなら、脱毛専門のサロン・クリニックではなくて、痩身も脱毛も行っているところが良いと思います。

肌の状態をみながら日程調節を行ってくれるし、痩身エステの翌日に脱毛を受けて、肌トラブルが起こったときに、どちらが原因なのかわからない場合もあるので、1つのサロン・クリニックの方が対応しやすいと思います。

サロンだとジェイエステやPMK、エルセーヌ、ヴィトゥル、クリニックだと湘南美容外科、ジョウクリニックなどが痩身も脱毛も行っています。

最終更新日: