レイボーテエクストラの口コミまとめ―良い口コミと悪い口コミ

レイボーテは、美容機器の販売メーカーとして有名なヤーマン株式会社が販売している家庭用フラッシュ脱毛器です。こちらも、IPL方式の脱毛器です(IPL脱毛についてはこちらの記事)。

レイボーテシリーズには、4種類の機種があり、それぞれレイボーテエクストラ、レイボーテ、レイボーテフォーメン、レイボーテプロとなっています。

この中でレイボーテプロだけが、照射回数が少なく、フラッシュ機能とラジオ派を使ってムダ毛にダメージを与える点、シェーバー機能がついている点がほかの3種と違います。

レイボーテプロは、2014年4月に発売されたばかりですが、メーカーによると、このラジオ派を使用することで深部まで温めることができ、肌ダメージを少なくしながら効果的にお手入れが出来るとのことです。

照射口は8平方センチメートルと大きめで、1万回照射可能です。替えのカートリッジは6,600円です。

 

レイボーテエクストラ、レイボーテ、レイボーテフォーメンはデザインや重さが全く同じで、アタッチメントの数(フォーメンには美顔アタッチメントがなし)とレベルの調整段階(エクストラとフォーメンは10段階)が違います。

また、レイボーテエクストラには、低いパワーで10連射して肌への負担をおさえる、ソフトモードという機能もあります。

 

レイボーテシリーズの特徴は、美肌ケアもできる波長の光を照射できることと、クール機能がついていることです。クール機能はボタン一つで冷却モードに切り替わる機能です。

 

どれでも1つのアタッチメントで10万発の照射が可能なので、全身につかっても、300回以上使用でき、レイボーテプロと違ってカートリッジの買い足しは必要ありません。

レイボーテシリーズは種類によって価格が異なりますが、レイボーテエクストラで83,000円、レイボーテプロは27,500円です。

レイボーテの良い口コミと悪い口コミを、アットコスメの口コミや当サイトのアンケートで調べてみました。

 

レイボーテエクストラの良い口コミ

  • 肌にヘッドを密着させやすいので、使いやすいです。
  • 照射口が広く、手足のお手入れをするときに次々照射できてストレスが溜まりません。また、スポットアタッチメントで手の指など狭い部位にも照射できるので、こちらも便利でよく使いました。
  • 太く濃い毛ほど、効果が感じられるように思います。レベルを一番弱くすると、ほとんど痛みを感じませんでした。
  • クール機能がヘッドの上の方についているので、こちらを使ってお肌を冷却するとダメージが少なくなり、ヒリヒリ感を感じませんでした。
  • 連続フラッシュを使えるので、広い範囲でも思ったより時間がかからなかったです。
  • ニキビに当てていたら、ニキビが薄くなってきました。

 

出力は10段階でかなり強くできるものの、そんなに痛みはないという声がいくつかありました。

細かく調整出来るのは良さそうですね。

また、美肌効果についても実感している人が多いようです。

 

レイボーテエクストラの悪い口コミ

  • デメリットは価格が8万と高いことです。
  • クールモードはヘッドが小さくて使いづらいです。結局、自宅の冷凍庫の保冷剤を使って冷却しています。
  • パール肌の美肌効果については、私は感じられませんでした。脱毛の方はよかったです。
  • 手で本体を持ってお手入れするので、手が疲れます。

 

レイボーテエクストラの評判は基本的には良い口コミが多かったですが、家庭用脱毛器としては、8万円と高めの設定です。

また、クールヘッドや美肌効果については賛否両論あるようです。

 

レイボーテの口コミのまとめ

レイボーテシリーズは、機能は美肌効果のあるフラッシュ光が出る点や、10段階調整、クールヘッドなど充実しているように感じます。

日本製の製品である点も安心できそうです。

レイボーテエクストラは、一番人気のケノンともほとんど変わらない性能なので、効果も感じられている方が多いです。

 

 

その他の脱毛器について・・・

 

最終更新日: