青髭をなくしたい!予算別で分かる青髭対策

ヒゲを剃ると青髭になってしまって困っている…そういった男性はよく聞きますが、実は大人だけでなく高校生や大学生も青髭に悩んでいる方は多いです。

青髭になってしまう原因と、あまりお金を使う余裕がない学生が青髭を改善させれるように、予算毎の対策もまとめてみました!

青髭に見えてしまう原因

青髭になる原因は2つあります。

原因①
毛は毛根から毛先にかけて細くなっていく傾向があるので、ヒゲも伸ばし続けると毛先は細くなっていきます。
しかし、カミソリや電気シェーバーでヒゲを剃ると、毛根に近い太い毛の部分をカットするので、ヒゲの断面が目立ち青髭となってしまいます。

原因②
個人差はありますが、ヒゲは約2~3万本あると言われています。
顔の皮膚は薄く透けやすいので、皮膚の中に残っている何万本ものヒゲが透けて青髭に見えてしまうのです。
特に色白の人は目立ちやすい傾向にあります。

青髭になりやすい人は、男性ホルモンの分泌が多い、もしくはヒゲの処理が間違っている人です。

では、どうすれば青髭を改善できるのか?対策・改善策をみてみましょう。

少しでも青髭になるのを抑える対策

まずは手軽に始められる青髭対策!費用0円!

  1. 正しくヒゲを剃る
  2. ヒゲは朝の6~10時が1日の中で一番伸びる時間帯と言われています。
    ヒゲを剃るタイミングは午前中(10時以降)がベスト!
    剃る前に顔を温め、毛穴を開かせてから剃ります。
    シェービングフォームは、ジェルよりも泡タイプの方が良し。
    電気シェーバーよりも深剃りできる3枚刀以上のT字カミソリを使用し、剃った後は保湿しましょう。

  3. 生活習慣を改善させる
  4. 男性ホルモンの分泌が多い人は青髭になりやすいと言われています。
    テストステロンという男性ホルモンを抑えることによって青髭解消に繋がります。
    暴飲暴食・タバコ・お酒は男性ホルモン分泌を促すので控え、男性ホルモンの分泌を抑える大豆イソフラボンを摂取しましょう。
    大豆イソフラボンは、納豆や豆腐、豆乳、きな粉などに多く含まれています。

  5. ピンセットで抜く
  6. ピンセットで抜くと毛根から処理することによって処理した後がきれいで、青髭は改善されたように感じます。
    しかし、肌へのダメージがかなり大きいので、青髭の人はしないでください。

    費用0円での青髭対策の一番のおすすめは、やはり正しくヒゲを剃ること!
    青髭の人は1日1回は必ず髭を剃っていると思います。その1回1回を正しく剃ることでお金を使わずに青髭を抑えることができますよ。

低コスト(10000円以下)で始められる対策

  1. 除毛クリームを使う
  2. 除毛クリームはカミソリよりもわずかですが、毛穴の奥まで処理することができます。
    1本2000~5000円程度なのでさほどお金はかかりません。

  3. ヒゲ用のコンシーラーで隠す
  4. 男性にはいまいちピンとこない言葉かもしれませんが、女性などがシミを隠すときなどに使うコンシーラーを使用することで青髭が目立ちにくくなります。
    1000~3000円程度で購入することができます。

  5. 抑毛ローションを使用する
  6. 毛の生成を抑え、毛を細くする効果があります。3000円~10000円で購入できますが、繰り返しの使用が必要で効果には個人差があります。

    10000円以下で青髭対策をするなら、除毛クリームが1番おすすめ!
    塗って流すだけと手軽で1回の使用で効果があります。肌への負担もあるので繰り返しの使用には注意してくださいね。
    》おすすめの除毛クリームはこちら

青髭を完全に消すための対策

サロンやクリニックで脱毛する

お金はかかりますが、これが一番確実に青髭をなくせる方法です。
青髭に悩みヒゲ脱毛する男性は多く、男性専用の脱毛サロンが多くできてきています。
特にヒゲは需要が高いため、無制限などお得なプランがたくさんあります。

光脱毛なら痛みが少ないリンクスが人気で59,800円で10回脱毛できます。
痛みは強くても少ない回数で早く効果の出る医療レーザー脱毛で人気なのはリゼクリック。

リンクスもリゼクリニックも分割払いができるし、リンクスは2年間ヒゲ脱毛通い放題など学割プランもあります。

他にも多くの男性専用の脱毛サロンがあり、多くの男性が利用しています。
メンズ脱毛おすすめランキングから自分にあった脱毛サロン・クリニックを探してみて下さい。

やってはいけないヒゲの剃り方

間違ったヒゲの剃り方をしていませんか?
もしかしたらその剃り方のせいで青髭を進行させてるかも…

シェービングフォームを使わずに剃っている

素肌のままヒゲを剃ると、ヒゲが硬く同時に肌も傷つけてしまいます。
肌が傷つくと肌を守るためにヒゲが濃くなることもありますので、必ずシェービングフォームを使用しましょう。

夜に髭剃りしている

夜は一日の最後で肌が疲れているので肌を傷つけやすくなります。
髭を剃るのは午前中10時以降がベスト!

逆剃りをしている

逆剃りをすると、深くまで毛が剃れるので剃ったあとがつるつるして気持ちが良いものです。しかし、その一方で逆剃りは肌へかなり負担をかけています。
逆剃りするとヒゲが濃いくなるとも言われているので、青髭の人は絶対にしてはいけない毛の剃り方です。

最終更新日: