LAVIE(ラヴィ)の口コミまとめ―良い口コミと悪い口コミ

家庭用脱毛器ラヴィはさまざまなメディアで紹介されていて、生産が追い付かないほど人気があるようです。
家庭用脱毛器のLAVIEは、IPL方式のフラッシュ脱毛器(光脱毛器)です。

ほとんどの家庭用光脱毛器はLAVIEのようにIPL方式を採用しています。(IPLについてはこちらの記事へ

今販売されている最新モデルは美顔器機能がついているのが特徴で、旧モデルと比べると、照射回数が10万発に増え、照射面積も広くなりました。
このカートリッジは10万ショット照射できて4,500円と、コストパフォーマンスはとても良さそうですね。

照射レベルは7段階に調整可能。

一台あれば、脱毛のお手入れも光フェイシャルのお手入れもできるというわけです。

LAVIEの口コミはどうでしょうか?アットコスメなどのインターネットの口コミや、当サイトのアンケートで、良い口コミ悪い口コミを調べてみました。

ラヴィの口コミ・評判まとめ

ラヴィの良い口コミ

  • 機械音が静かなので、お手入れしやすくて良かったです。
  • ムダ毛が生えるペースが遅くなりました。
  • 照射回数が多いのにカートリッジが安いです。
  • 美顔機能で肌に透明感が出たり、シミが薄くなりました。
  • 何度か使っているうちに、毛があまり生えてこないようになり、お手入れが楽になりました。
  • オートモードが付いているので、一回ごとにスイッチを押す必要がないのでとても便利でした。

LAVIEの口コミでは、美顔効果の評価が高いですね。ふと美顔カートリッジを使ってみたら、美顔機能の効果を実感したという口コミが目立ちました。

また、毛が生えてくるのが遅くなった、毛が細くなった、生えている範囲が狭くなったなど、完全に生えなくなったという声はあまりないですが、脱毛の効果もきちんと実感している人が多いようです。

ラヴィの悪い口コミ

  • 出力が弱いため、思うようにお手入れができませんでした。
  • チャージするのに時間がかかるので、次々に照射できず、お手入れに時間がかかりました。
  • 美顔カートリッジが別売りになっているので、最初から付けて欲しいと思います。別売りのため、ケースに美顔カートリッジを収納できないのも不満です。


悪いクチコミの中にチャージに時間がかかる、とありましたが、これは皮膚に当てたあと、照射するまでの間に充電時間があり、その時間が長いということです。

現在はLAVIEの第2世代が販売されています。チャージの点は、第2世代では改善されているそうです。

ラヴィの口コミのまとめ

クチコミを見てみると、ラヴィは脱毛効果と、美顔カートリッジもつけた方は、美顔効果の評判が高いです。

第2世代では使いやすさがアップし、照射パワーも20%強くなっているそうなので、利用者のことを考えて作られている脱毛器ではないかと思います。

カートリッジの照射回数が多く、価格も低め(本体価格49,000円税込)なので、他の脱毛器に比べて、コストパフォーマンスが良いのではないでしょうか。

口コミの数ではケノンが圧倒的なのと、やっぱりエステやクリニックに比べてしまうと、完全に生えてこなくなったという声は少ないです(家庭用ということで、当たり前かもしれません…)。
(参考:ケノンの口コミ

LAVIEは30日間つかってみて、効果が出なければ返品可能な保証つきで、安心です。
まずは試してみたいという方には返品保証はおすすめ。

新モデルと旧モデルの比較

旧モデル
LAVIE 旧モデル
新モデル
LAVIE 新モデル
照射回数 20,000発 100,000発
照射面積 6㎠ 7.4㎠
連射回数 2回・4回 2回・5回
価格 46,667円 42,984円
美顔機能 ×

旧モデルと比較すると、照射回数が5倍へ増え、照射面積も大きくなり、美顔カートリッジに変えれば、IPL美顔器としても使えるようになりました。
かなり性能アップしているのに価格は旧モデルよりも安くなっています。

家庭用脱毛器はデリケートゾーンはVラインのみで、IラインやOラインの使用は控えるように記載されているものがほとんどですが、LAVIEならIラインもOラインにも使用できるんです!

照射回数は10万発、カートリッジの種類は大・小・美顔用と3種類あって、交換用のカートリッジもあるので半永久的に使用できます。

また、本体の蓋の部分に大きな鏡がついていたり、コードの長さは1.2メートルと長さも十分あるので使い勝手はよさそうですね。

管理人からのコメント

ラヴィは全身に使えて、カートリッジも交換できるし、美顔器としても使えるので高性能と思います。1台あれば家族と共有できて経済的です。
VIOラインはサロンやクリニックで見られると恥ずかしいという方が多く、家庭用脱毛器でケアされる方もいらっしゃいます。
ただ、注意したいのが、IラインやOラインは直接粘膜に照射するため、他の部位に比べると痛みを強く感じやすい部位になります。
また、Iライン・Oラインは見えにくく、剃り残しや剃毛時にケガをしやすい部位です。
自宅で行う場合はしっかりとクーリングしてから慎重に行うか、不安な方はデリケートゾーンのみサロンやクリニックにお願いするのもよいかもしれませんね。
》VIOおすすめサロン・クリニックはこちら

最終更新日: