脱毛ラボと銀座カラーの比較 どっちがいいの?

脱毛ラボと銀座カラーは電車内などで広告を見かけることも多い有名サロン。

どちらも全身脱毛に力を入れているので、どちらで全身脱毛するか迷っている方も多いのでは。

このページでは、脱毛ラボと銀座カラーの料金プラン、お店の特徴などを徹底的に比較します!

 

1.料金プラン比較

まずは料金について比べてみました!

 

脱毛ラボの料金プラン

脱毛ラボの全身脱毛は顔をふくむ全身48ヶ所がお手入れでき、料金の支払い方は、月額制プランと、パックプランの2種類あります。

月額制プランは毎月9,980円(税抜)。

月額制は、1ヶ月に2回通って、全身の4分の1ずつお手入れして、2ヶ月かけて全身が一通り一回終わります。

パックプランは一括払いのコースですが、まとめて支払う分、トータルの脱毛費用が月額制より安く済みます。

パックプランは一回で全身一通りお手入れして、2ヶ月に1回通うゆったりプランと、1ヶ月に1回通うスピードプランがあります。

スピードプランのほうが保証期間(有効期限)が短いぶん、安くなっています。

12回の料金 18回の料金
月額制 258,672円 388,008円
回数パック(ゆったりパック) 237,578円(保証期間2年) 323,978円(保証期間3年)
回数パック(スピードパック) 221,658円(保証期間1年) 302,378円(保証期間1年半)

 
ちなみに、「全身脱毛」の印象が強い脱毛ラボですが、銀座カラーと同じように、パーツ別脱毛もやっています。

部位ごとの単発脱毛は、狭い部位なら一回2,138円から脱毛できます。

 

銀座カラーの料金プラン

銀座カラーは全身専門ではないので、全身脱毛(全身VIP脱毛コース)のほか、パーツごとの脱毛や、全身8ヶ所を選べる全身VIPハーフ脱毛があります。それぞれ6回、12回など回数で支払うか、回数無制限の通い放題コースがあります。

銀座カラーは、3ヶ月に1回のペースでお手入れして、全身脱毛の場合、1日で全身一通りやるか、2、3日に分けてお手入れするか選べます。
1日で全身をお手入れする時は、スライド式で素早く処理できる脱毛機をつかってくれます。

※最近は、1年で8回お手入れするプレミアムファストパスも始まりました!

プレミアムファストパスでは、はじめの1~3回は1か月おきに通い、4回目からは2か月おきに通います。

 

全身VIP脱毛の料金

銀座カラーの全身VIP脱毛コースの顔なしのコースは月8,700円(税込9,396円)※からの分割払い(一括払いも選べます)で、回数無制限に受けられます。(頭金なし36回払いの場合)

プレミアムファストパスは月9,900円(税込10,692円)で、現在キャンペーン中のため初めの2か月分が無料になっています。

 

銀座カラーはなんといっても、回数無制限コースがあるのが特徴!

全身の各部位が18回以内で終われば、脱毛ラボがお得ですが、平均よりも長くかかりそうな人だったり、顔の脱毛は考えていない人なら、銀座カラーの回数無制限コースのほうが結果的にお得です。

 

支払い方法

銀座カラーは現金、クレジットカードの一括払い、月払いの分割ローンが選べます。ローンの支払回数は自由に選べて、支払い回数や頭金の金額によって月々の支払い額は変わるので、カウンセリングで詳しく教えてもらえます。

脱毛ラボの月額制プランはクレジットカード払い、回数パックは現金かクレジットカードの一括払いですが、クレジットカードの一括払いを途中で分割に変更など応相談とのことです。
 

おためしプラン

銀座カラーは税込324円で、全身脱毛を一回お試しできます!

脱毛ラボも希望があれば、カウンセリングの時に体験照射を10ショットできます。

 

割引制度

銀座カラーは学生証提示で、コース料金が最大10%割引になる学割制度があります。

それとは別に、20歳未満が利用できる都度払い脱毛もあり。

銀座カラーの20歳未満限定都度払い
料金
デリケートチョイス(両ワキ、Vラインなど) 税込3,000円
スタンダードチョイス(ヒザ下、ヒジ下など) 税込6,000円
全身VIPハーフ脱毛 15,000円
全身VIP脱毛 21,000円

 
脱毛ラボはグループで申し込むと割引になる女子会パック割があります。

脱毛ラボ女子会割引
3人 2人
6回以上 -20,000円 -15,000円
12回以上 -25,000円 -20,000円
18回以上 -30,000円 -25,000円

 

2.店舗について

脱毛ラボは日本全国とシンガポールに86店舗展開していて、脱毛専門サロンの中ではミュゼプラチナムに次いで店舗が多いです。

脱毛ラボ

脱毛ラボは「全身脱毛を安く提供するために、削れるところは削りました!」というサロン!

このため店内は若干質素。内装や家具、備品にお金をかけず、そのぶん脱毛機や、スタッフの育成に投資しているそうです。

 

脱毛ラボの営業時間は全店が10時~22時と、脱毛サロンの中ではかなり長い方!

とくに夜遅くまでやっているお店は少ないので、仕事帰りに通いたい人におすすめです。年末年始以外、毎日営業しています。

 

銀座カラー

一方、銀座カラーは、全国36店舗。老舗で名前が浸透しているわりには店舗数は少なめかも。

首都圏中心に、東北、北陸、関東、東海、近畿に店舗があります。

営業時間は一部店舗をのぞいては、平日12時から21時、土日祝日が10時から19時です。(毎日10時~19時、毎日11時~20時という店舗が一部あり)

 

お店の雰囲気は、店舗によって差があるようで、管理人が行った横浜西口店はわりとチープというか、少しせまめで脱毛ラボと似たような雰囲気。

キレイモシースリーのほうが、個室が広くて豪華な印象です。

 

3.脱毛方式、脱毛機

銀座カラーはIPL脱毛、脱毛ラボはSSC脱毛という方式をそれぞれ採用しています。

 

銀座カラーのIPL脱毛

銀座カラーで採用しているIPL脱毛は、黒い部分に反応する光をあてて、毛根の発毛組織に熱ダメージを与える方法です。

IPL脱毛は太い黒い毛により強く反応して、脱毛の効果はよりしっかり出ます。

銀座カラーでは使用している脱毛機の製造元・名称は非公開とのこと。国産ではないようですが、実績のあるきちんとした脱毛機を使用しているそうです。(公開すればいいのに…笑)

また、銀座カラーは「赤ちゃん肌脱毛」のキャッチフレーズが有名で、独自の保湿マシーン「美肌潤美」を使って、脱毛後の保湿ケアに力を入れています。

 

脱毛ラボのSSC脱毛

SSC脱毛も基本の原理はIPL脱毛と同じで、毛のメラニンに反応する光を使いますが、SSC式脱毛は、抑毛成分が含まれたジェルと光の相乗効果で毛根に働きかけ、毛を生えにくくする方式。

IPL脱毛よりマイルドなのが特徴です。

抑毛成分の入ったカプセル入りのジェルを塗るのですが、このジェルがすごく冷たい!

でもこのジェルのおかげで、照射しても痛みや熱を感じることはほとんどありません。

 

SSC脱毛とIPL脱毛の違い

どちらも同じようにジェルを塗って光を当てるので、詳しく知らなければ違いは分からないかも。

ただ、管理人が体験した限りでは、銀座カラーのほうが時折痛みがありました。

VIOの毛の太いところは、一瞬ではありますが、結構つらかったです・・・。

「痛いのは絶対嫌!」という方は脱毛ラボの方がおすすめかも。

 

 

脱毛ラボvs銀座カラーの比較まとめ

脱毛ラボは質素なサロンで、内装は少し殺風景かもしれません。

でも、月額制や、1ヶ月ごとのスピードパックなど、自分の好みに合わせたプランが選びやすいですし、店舗が多く、お近くのお店を見つけやすいのもポイントです。

また、痛みがより少ないSSC脱毛だったり、顔も全身脱毛にふくまれているので、顔脱毛をしたい方にはぜひおすすめ!

click2labo

 

一方、銀座カラーのIPL脱毛は少し痛いのですが、効果が出やすいと言われています。

美肌ケアにすごく力を入れていて、独自の保湿マシーンで保湿ケアをしてくれるのも嬉しいです。

回数無制限コースや、全身ハーフ脱毛もとてもお得なのでおすすめ!



ginza

 

<参考記事>

 

最終更新日: