エピナードの口コミまとめとケノンとの効果・値段の比較

家庭用脱毛器エピナードの特徴・口コミや、家庭用脱毛器で人気のあるケノンと比較してどうなのか?という部分を徹底的に調べてみました!

IMG_0028

エピナードとは?エピナードの特徴

エピナードがほかの家庭用脱毛器と違う点は、9,800円で本体が購入できてしまう点です。
なぜこのような低価格で購入ができるかというと、それには理由があります。カートリッジと保湿用ジェルの定期購入が条件になっているのです。

初回含めて12回以上カートリッジの購入をリピートすることを条件に、初回はたったの9,800円で、すぐに自宅でフラッシュ脱毛を始められるという画期的な脱毛器がエピナードです。さらに、使ってみて満足できなくても、業界では珍しい30日間全額返金保証が付いているのもポイントです。

エピナードは照射口が20mm×35mmと大きめで、照射可能回数は1500回です。この回数は、1箇所あたり1回の照射で、全身の脱毛ができる回数とのことです。

エピナードの脱毛器本体

美顔機能もついていて、脱毛と美顔でカートリッジを使い分けるようになっています。

さて、単品購入した場合の金額なのですが、フェイシャル用のカートリッジが3,500円、光脱毛用のカートリッジが6,000円です。毎月の定期購入についてくるのは、光脱毛用のカートリッジとモイストケアジェル4,000円ですので、1回あたり3,000円お得になっているという計算になります。

また、ほかの家庭用脱毛器にはない機能として、エピナードにはクーリング機能がついています。保冷剤を使って照射ごとに冷やす手間が必要なく、少しヘッドをずらすことでお肌の冷却ができるので便利です。

大ヒット美顔器、エステナードソニックを作っている老舗メーカーが開発した脱毛器なので、品質も信頼できそうですが、口コミはどうでしょうか。

エピナードの口コミ

  • エピナードは以前使っていましたが、やはり効果はあまり強くなく、抜けが悪かったです。9800円で脱毛できるならいいなと思い買いましたが、やはり値段相応でしたね。Yahoo知恵袋
  • 以前はエステで脱毛をしていましたが、総額料金がもうバカにならない額になってきたので、エピナードを買いました。今のところ、エステと同じくらいの効果はあるかなと思っています。

エピナードの口コミを調べてみたのですが、他の脱毛器にくらべて少なく、@コスメなどにもまだ投稿がありませんでした。

ただ、他の脱毛器と購入を迷った方で、エピナードは定期購入の総額を計算したら、高かったのでやめたという方がいらっしゃいました。同じく家庭用脱毛器のケノンと比較してみると、約6倍も高いです…。詳しくは後述に。

そういったところで、購入する方が少なくなって、口コミもあまりないのかもしれません。

性能としては、クーリング機能がついていたり、美顔機能もついていたりと、他の脱毛器にはない魅力的な部分もあるのですが、管理人が実際に使用してみた結果、2か月間腕に使用してみて、効果は今のところあまり感じられないかな…。

もっと長期間使ってみたらまた違うのかもしれないけれど、どちらかというとやっぱり、実際効果を感じられたケノンの方がおすすめです。

》ケノンの口コミまとめと管理人の体験レポートへ

エピナードとケノンの効果や料金比較

家庭用脱毛器として不動のナンバーワンとなっているフラッシュ式(IPL方式)のケノンとエピナードを比較してみました。

① コスパの比較

機種 本体価格 10万ショットの料金 1ショットコスト
ケノン 69,800円 69,800円
(追加料金なし)
0.06円
エピナード 63,720円 432,000円 4.32円

エピナードの本体価格は59,000円(税別)ですが、エピナードはカートリッジの照射可能回数が少なく、毎月定期で購入することが推奨されています。
本体を9,800円で購入できるプランもあるのですが、その場合、12回以上カートリッジと保湿ジェルの購入をリピートすることが条件となっているため、合計で86,800円、税込だと93,744円となります。

照射コストについても調べました。
ケノンのプレミアムカートリッジは本体を購入するとセットに含まれており、100万回照射可能なので交換の必要はほぼありません。(個人で全身に使用する場合)

エピナードのカートリッジは、単品購入すると6,480円(税込)で、照射可能数が1500ショット。これはショット数が少ない感じがしますが、毎月定期購入で届くなら、不便がないのかもしれません。

それぞれの1ショット辺りのコストは、ケノンで(プレミアムカートリッジ使用の場合)0.06円。エピナードは、4.32円という結果になりました。
そして照射面積ですが、ケノンは最大で9.25平方センチメートル(エクストララージカートリッジ)、エピナードの照射面積は7平方センチメートルです。

平均的な成人女性のヒジ下をお手入れする際、ケノンは約105ショット、エピナードは約143ショット必要となる計算になります。

エピナードも業界最大級を謳っているのですが、ケノンの照射面積にはかなわない感じですね。

ケノンラージカートリッジ

epinad2

ケノンもエピナードも、せまい箇所用のスリムカートリッジがついています。

② 性能の比較

ケノンもエピナードGともにもフラッシュ脱毛(IPL方式)を採用しています。
それぞれの出力の違いはどうでしょうか?
調べようとしましたが、ケノンもエピナードも出力を公開していません。

そのため比較が難しいので、使えない部位について見てみます。

ケノンは眼の周りやI、Oラインは避けるようにとの注意がありますが、ほとんどの部位に使用ができます。エピナードも、Iライン、Oラインは様子を見ながら、と注意喚起があり、顔への脱毛カートリッジの使用も禁止しています。

口周りなどに使いたいという目的がある人は、エピナードではお手入れできないので注意してくださいね。
生産国はどちらも日本製。

③ 機能の比較

ケノンにもエピナードにもレベル調整機能がついており、どちらも10段階調整ができるようになっています。

ただ、エピナードは1~6は美顔用で、脱毛用は7~10と、脱毛用のレベルは4段階です。

そして、美顔機能がついて美顔カートリッジがセットになっている点も、どちらも同じです。

連射機能は、ケノンが6連ショットまで、エピナードが3連ショットまで可能です。

エピナードには、クールヘッドがついていて、照射後にお手入れ部位を冷やすのに、アイスノンをつかわず、本体のクールヘッドで冷やすことができます。

④ 使いやすさの比較

ケノンもエピナードも、電源はコンセント、ハンドピースを持ってお手入れしする点が同じです。

ハンドピースの重さとしては、ケノンは120g、エピナードは210gで、ケノンの方が大きさも小さく、軽いのですね。

チャージ時間が短いほうが、次々と照射できるので使いやすいのですが、ケノンは最大レベルの際チャージ時間は約5秒、エピナードも約5秒とのこと。

お手入れのスムーズさは、ケノンもエピナードも同じくらいなのかもしれません。

ただし、エクストララージカートリッジを使えった広い範囲のお手入れでは、ケノンの方が圧倒的に楽でしょう。
本体の形状も蓋付のケースにハンドピースが収納されている、という点が同じですね。

形としては、ケノンは丸みを帯びた形でコロンとしていて、エピナードはA4サイズの直方体で、スッキリとしている点が違います。ケノンの方が小さいし、なんとなくかわいいかも?

⑤ 保証内容の比較

ケノンは返品・返金保証はつけていません。

ところがエピナードは積極的に30日間返金保証を謳っています。

ケノンが返金保証をつけないのは、商品の使い回しをしたくないという理由とのこと。

ケノンとエピナードの比較まとめ

ケノンもエピナードも、美顔機能がついている点等、様々な類似点がありましたが、ケノンは第一世代のイーモリジュを含めても圧倒的に口コミ数や実績があります。

一方エピナードはアットコスメにも口コミが全くないなど、まだ実績はあまりないと言えるでしょう。

エピナードは、クールヘッドがついているのが特徴的で、本体のみの購入だとエピナードの方が安いのですが、カートリッジを頻繁に交換しなくてはいけないので、結果的にはケノンの方がお得になりそうです。

★  ケノンの公式サイトはこちら

最終更新日: