脱毛の回数は何回かかる?いつから始めるのが良い?毛周期とは?

エステやクリニックの脱毛で、1回レーザーや光をあてると生えてこなくなると思っている人も多いかも。

でも実は、1回施術を受けただけでは完全に毛は抜けなくて、また新しい毛が生えてきてしまいます。

毛が生えてこなくなるまでには、一定の期間をあけて何度も光をあてなくてはいけません!

なぜ何回も光をあてる必要があるのか?

脱毛のメカニズムや、効果が上がるまでに必要な施術回数や、効果的な施術のペース、いつから脱毛を始めるのが良いか、その他、効果を上げるために大切なことを調べてまとめました。

 

1. 「毛周期(ヘアサイクル)」と脱毛の仕組み

2. 脱毛に通う回数は何回くらい?

3. いつから脱毛を始めるのが良い?

4.その他勘違いしがちなことと、効果を上げるために大切なこと

5.まとめ

 

「毛周期(ヘアサイクル)」と脱毛の仕組み

脱毛サロンのカウンセリングでの説明で絶対出てくるのが、「毛周期」。

まずは、脱毛のメカニズムを語る上でかかせない、毛周期についてのお話から・・!

 

毛周期とは?

人間の体毛には「毛周期(ヘアサイクル)」と呼ばれる毛の生まれ変わりのサイクルがあって、

毛周期

① 毛が成長して皮膚の外側に毛が伸びてくる「成長期(anagen)」

毛根にある毛母細胞に毛乳頭細胞が取り込まれ、皮膚内部に伸びたあと、外部にも伸びる時期。早期(まだ毛が見えていない)・中期(毛先が見える)・後期(毛が外までのびる)に分けられる。

 

② 毛の成長が止まって毛が毛乳頭から離れる「退行期(categen)」

毛が短くなって毛乳頭から離れ、毛母細胞がアポトーシス(細胞の自然死・消失)する時期。

 

③毛が毛乳頭から離れた状態(※見た目ではまだ生えている)の「休止期(telogen)」

を繰り返しています。

※毛が抜けるのは、休止期の最後から次の成長期にかけての間で、第4のステージ「脱毛期(exogen)」と呼ばれています。新しい毛に押し出される形で古い毛が抜けます。

 
すべての毛が同じサイクルで生え変わっているわけではなく、交互に生えかわっていて、体毛では成長期にあるのは全体の20%〜30%なんだそう。

 

また、毛の生えている部位によって毛周期は違っていて、たとえば、ワキやビキニラインは成長期の毛が抜けてから、また新しい毛が成長期になるまで3〜4か月程度ですが、腕や足は3ヶ月~半年くらい、顔は約2カ月のサイクルです。

部位による毛周期の違い
部位 伸びるスピード 成長期の長さ 休止期の長さ 成長期の毛の割合
頭髪 1日に0.3〜0.4ミリ 2〜6年 3〜4ヶ月 85%
眉毛、まつ毛 1日に0.18ミリ 1〜2ヶ月 3〜4ヶ月 10%
あごひげ 1日に0.2〜0.4ミリ 1年 10週 70%
ワキ毛 1日に0.3ミリ 4ヶ月 3ヶ月 30%
VIO 1日に0.2ミリ 4ヶ月 3ヶ月 30%
1日に0.3ミリ 13週(約3ヶ月) 18週(約4ヶ月半) 20%
1日に0.3ミリ 6ヶ月 4ヶ月 30%

表面に出ている毛でも、休止期の長い部位では、ほとんどの毛が休止期で、成長がストップして抜けるのを待っている状態です。

(参考:日本医学脱毛協会 脱毛の知恵袋、レーザー・光治療マニュアル(2012)全日本病院出版会)

 

脱毛のメカニズム

毛周期とともに、脱毛の話で必ず出てくるのが、「毛乳頭」。

毛根の根元のふくらんだ部分(毛球)にある毛母細胞が細胞分裂して毛になるのですが、毛母細胞に栄養を送っているのがこの毛乳頭です。

毛乳頭が毛細血管から栄養をとりこみ、毛母細胞に送ります。

毛の構造

今主流のエステの光脱毛や、クリニックのレーザー脱毛のほとんどは、毛のメラニンに反応する光を使って、光が毛に吸収されることで生じる熱エネルギーで、この毛乳頭に熱ダメージを与えて、たんぱく質を熱凝固させて毛の成長を止め、脱毛します。

退行期や休止期は、メラニンをふくんでいる毛が、毛乳頭から離れてしまっていて、光を当てても毛乳頭にダメージを与えられないので、毛が生えてきてからでないと、脱毛の効果は出せません。

 

およそ2~3か月に1回のペースで、何度もくり返して光をあてていくことで、そのとき成長期にある毛を順々に処理していくのです。

一度に処理できるのはその時生えている毛だけで、とくにエステの光脱毛は毛乳頭に与えるダメージも弱いから、1度照射した毛もまた生えてきて、繰り返し照射しなくてはいけません…>_<

 

毛周期にあわせなくてよい最新機種も!

最近は、成長期の毛以外にも作用する、毛周期を気にしないで照射できる脱毛機も出てきています。

これらは、毛乳頭ではなくて、バルジという部分にダメージを与えるものです。

hair-structure

毛乳頭や毛母細胞の活動を促す毛包幹細胞(発毛因子)が、このバルジから出されているのが最新の研究で分かって、これらの最新脱毛機が発明されました。

毛のメラニンに熱を与えるのではなくて、毛根を包んでいる毛包という皮膚組織に蓄熱して、その周りにあるバルジに作用するので、毛の状態に関係なく照射でき、毛周期に合わせて照射しなくていいし、産毛や日焼けした肌でも効果があると言われています。

脱毛サロンの光脱毛ではディオーネハイパースキンカレン、 ラココで使われているSHR方式のルミクスツイン

医療レーザー脱毛では、アリシアクリニック湘南美容外科KM新宿クリニックレヴィーガクリニックで導入されているメディオスターNeXTがあります。

 

脱毛に通う回数は何回くらい?

では何回くらい繰り返していけばいいのかですが、多くの場合、2,3か月ごとに通って、エステの場合は、平均で12回以上通えばほぼ毛が気にならない状態になると言われています。

クリニックの場合はエステより早く、5〜8回が目安とされます。痛みが強いのと、料金が高めというのがありますが、その分効果は出やすいんですよね…!)

大まかな目安として、12回(通って85%の毛がなくなり、18回通って95%の毛がなくなると説明されたりします。

 

上で紹介した最新脱毛機も、通うのは毛周期関係なく月1回でいいけど、回数自体はだいたい同じくらいのようです。

 

毛はまだ生えているけれど、お手入れがほとんどいらなくなる程度でよいならば、もともとの毛量や肌色にもよりますが、エステでも6〜8回程度で済む場合もあります。

(管理人のヒザ下が今そんな感じです。7回済みで1年経過。全く剃っていない状態で、目立つ毛が数本↓)

脚

生えてる毛も、前はもっと太くて黒かったのに、だいぶ細く目立たなくなってる!

 

もちろん個人差あり。あと部位によって違うことも

上記の回数はあくまで目安で、実際は肌の色や毛の濃さによる個人差があります。

一般に、従来のメラニンに反応させる脱毛機であれば、肌と毛の色がはっきり違うほど、つまり肌は白くて毛は黒く目立つほど、脱毛の光が毛に反応しやすくて効果が出やすいです。

また、部位ごとに毛周期がちがうし、毛の太さや量も違うので、同じペースで受けていても部位によって効果の出方がちがってきたりします。

 

管理人も実際、ヒザ下は6回ほど照射した後、毛が2、3本しかない状態を1年近くキープできているんですが、両ワキはまだまだ自己処理が必要な状態です。

毛周期が短くて毛量の多い両ワキ・VIOや、産毛はより回数が必要なことが多いです。

とくに顔の毛は、産毛で、しかも毛周期も2カ月くらいと短いし、本数も多いので、ほかの部位より回数が必要になりがち。

クリニックのレーザー脱毛で、10回くらい見ておいたほうが良いようです。

 

ほんとは毛周期ぴったりにお手入れは無理

サロンでは、ごく一般的な話として、毛周期はおよそ2〜3ヶ月と説明されることが多いんですが、上で書いたとおり実は部位によって毛周期がちがったり、あとは不規則な生活とか、ホルモンバランスの乱れなどでもサイクルがズレてしまうこともあるそうです。

厳密に毛周期にぴったり合わせて施術するのは難しいのですが、2〜3ヶ月おきにその都度生えている毛を処理していくことで、だんだんと毛の量が減り、生えるスピードも遅くなっていきます。
 

毛の濃さや肌の色などによっても、効果の出方がちがってくるし、平均の回数はあくまで目安

実際何回くらいお手入れしたほうが良いかは、無料カウンセリングで肌をみてもらいつつ、相談してみましょう。

>>どのサロンが良かったかは、おすすめの脱毛サロンランキング

 

3. いつから脱毛を始めるのが良い?

このような感じで、脱毛って完了までにサロンなら2、3年、クリニックでも1年かかるので、いつ始めたら夏に間に合う、とか、何ヶ月前に始めた方がいいってものでもないのです・・!

ただ、数年かかるとは言っても、お手入れするたびに毛が抜けて、だんだん生えてくる毛が少なくなるので、始めてすぐでも脱毛の効果は実感できます(※個人差があるので、1、2回ではわからない場合もあり)。

脱毛しようかなと思ったら、すぐに始めるのが良いと思います。

強いて言うなら、冬の間は比較的予約が取りやすいことが多いし、脱毛にNGな日焼けもしにくいから、冬がおすすめかな?

 
>>どのサロンが良かったかは、おすすめの脱毛サロンランキング

 

その他勘違いしがちなことと、効果を上げるために大切なこと

あと、よく勘違いしがち(というか私が誤解していた)のが、エステやクリニックでお手入れすると、その日にすぐ毛が抜けるのでは?ということ。

実は、すぐには毛は抜けないんです!

毛乳頭に熱ダメージを与えて、毛乳頭部分のたんぱく質を熱凝固させ、毛の成長がストップするのですが、そこからその毛が自然に抜けるのが、1週間〜10日ほど。

10日くらいすると、いつのまにか抜けている毛もあるし、残っている毛も、つまんでみるとスルッと抜けたりします・・!(一回のお手入れでは抜けない場合ももちろんありますが汗)

毛が抜けた後は、毛周期のサイクルにもよりますが、一ヶ月くらいは毛がない状態で、その後また毛が生えてくる(施術の時休止期だった毛が生えてくる)ので、また照射をしてもらう、という感じです。

 

効果を上げるために大切なこと

毛の生えるペースに合わせて照射することと合わせて、以下のことを気をつけるようにサロンやクリニックでは言われます!

  • 日焼けを避ける・・・日焼けして炎症を起こしていたり、黒くなりすぎると施術ができない(※上記の最新の脱毛機なら施術OK)。肌の色はなるべく白いほうが効果が出やすいです。
  • 肌が乾燥しないよう保湿する・・・肌が乾燥していると毛が抜けにくくなり、埋没毛や毛のう炎などのトラブルの原因になり、その部分の施術ができなくなります。
  • 自己処理をなるべくおこなわない・・・剃ったり抜いたりの自己処理でのダメージにより、肌を守るためにムダ毛の発毛が促されてしまいます。特に、エステの光は完全に毛を生えなくするわけでないので、自己処理を極力避けます。

 

こういったことに気をつけつつ、エステなら12〜18回、クリニックなら5〜8回を目安に、お手入れを受けていきます。
 

まとめ

  • 体毛は、成長期、退行期、休止期という周期(毛周期)があって、同時に成長期にあるのは全体の一部だけ。
  • エステの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛は、毛のメラニンに反応して毛乳頭に熱ダメージを与えて毛の発育を止めるので、毛乳頭と毛がはなれていない成長期の毛にだけ作用する。なので一度に全部の毛を脱毛することはできない!
  • 個人差があって、脱毛完了までに必要な回数はさまざまだけど、おおむねエステの場合は12~18回、クリニックでは5~8回が目安。2~3か月前後の間隔をあけて繰り返す。
  • 最新機種で、毛乳頭ではなく、発毛を促す毛包幹細胞があるバルジに作用するものもあって、これはメラニンに反応させるものではないので、毛周期に関係なく1ヶ月おきくらいに施術できる。
  • 効果を出すためには、お手入れの回数や頻度も大事だけど、日焼けしない・乾燥させない・自己処理を極力避けるといったことも大切。

 

 
>>おすすめの脱毛サロンは、Topページの脱毛サロンのおすすめランキングへ
 
>>医療レーザー脱毛のおすすめランキングはこちら
 

最終更新日: