糸脱毛とはどんなもの?やり方やおすすめサロンなどまとめ

糸脱毛って聞いたことありますか?

マイナーな脱毛方法ですが、韓国などアジア系の外国でおこなわれていて、日本でも専門サロンが出来てきています。

糸脱毛はどんな脱毛方法なのか?どんな効果があるものなのかなどをまとめました。

糸脱毛とは

糸脱毛は、美容大国韓国をはじめとした国々で行われていた脱毛の1つで、糸で産毛をからめ取って脱毛します。
女性のデリケートな肌を傷つけないように、毛の状態や肌状態に合わせて、太さや素材の異なる糸を使い分けて行われるのが特徴です。

一般的な脱毛方法は、ムダ毛をなくすことがメインの施術ですが、後述するように、糸脱毛はムダ毛をなくすだけではなく、角質を除去して肌そのものを綺麗にすることができるメリットがあります。

ただ、医療レーザー脱毛のように永久脱毛できるわけではありません
特別な機械を使用しないので1回の施術料金は5,000円ほどとお手頃ですが、ずっと通い続けなければいけないので、トータル費用が大きく膨らむ可能性はあります。

 

糸脱毛のやり方は?動画紹介

こちらは、糸脱毛発祥の地、台湾のエステサロンで行われている糸脱毛の様子です。動画では1種類の糸しか使用していませんが、実際は数種類の糸を組み合わせて脱毛することが多いです。部位や、毛の濃さによって糸を使い分けます。

動画からは、女性が気持ちよさそうに脱毛施術を受けている様子が見て取れますね。プロが行う糸脱毛は、ほとんど傷みを感じないそうです。

糸脱毛のやり方

必要なものは、糸とフェイスパウダーの2つです。

糸を50㎝に切って輪っかになるように端をかた結びします。
次に、輪にした糸を数回ねじって、あやとりする時のように両手の親指と人差し指にかけます。

あとは、フェイスパウダーをはたいた皮膚に糸をねじった部分を滑らすだけ。

親指と人差し指の幅は変えず、ねじれた部分だけを細かく動かして毛に絡めるのがポイントです。肌に強く押し付けすぎないようにして、肌の上をスーッ、スーッと滑らすようにします。

 

自分でできる?

糸脱毛は自分で行うことも出来ます。上記のやり方にある通り、特別な器具はいらないので、絹糸とフェイスパウダーを用意して、ねじった糸をパウダーをはたいた顔に滑らすようにして、毛を絡めとっていきます。

糸は、糸脱毛用の絹製の糸が売っていますが、手に入らない場合にはふつうの絹糸で構いません。フェイスパウダーも専用のものがありますが、滑りを良くするためのものなのでベビーパウダー等で十分です。

ただ、自分でやる場合、埋没毛に注意が必要です。力の入れ加減が難しいので、慣れるまでは肌トラブルが起こるリスクが高くなってしまいます。

糸脱毛が他の脱毛方法に比べて肌に優しいと言われているのは、プロの技術力があってのこと。顔の産毛を脱毛したいと思ったら、糸脱毛を行っているエステサロンで施術してもらうのが確実で安全です。

 

東京の糸脱毛のサロン紹介

東京都にある糸脱毛のサロンを3つご紹介します。

1.お顔専門美容室 銀色の鏡

顔の美容を専門に行っているサロンです。
2本のシルク糸を使って施術を行います。体験した女性の多くが、施術後に肌がツルツルになったり、肌がワントーン明るくなるのを実感しています。リピーターが多いのが特徴です。
http://ginza1.com/

2.PLB

糸脱毛と巻き爪補正の専門サロンです。
1日5名までの完全予約制で、お店のオープンやクローズ時間も柔軟に対応してもらえます。仕事が忙しくてなかなかサロンに通いにくいという人や、糸脱毛が初めてで不安という人におすすめです。
http://www.plb.jp/

3.糸脱毛・ブライダルシェービング グラシエラ

ブライダルメニューと糸脱毛の専門サロンです。
他店との違いは、糸脱毛のメニューが豊富なこと。糸脱毛だけでも美肌効果はありますが、その他の美顔コースと組み合わせることでより高い効果を実感できるのが魅力です。
http://www.graciela.jp/itodatsumou/

 

大阪の糸脱毛のサロン紹介

大阪府の糸脱毛のサロンを2つご紹介します。

1.サロンド・ピュア

糸脱毛とフェイシャルエステの専門サロンです。
全顔糸脱毛コースは、手ごろな価格ながら眉カットとプチフェイシャルつき。フェイシャルエステサロンならではの技術で、ワンランク上の仕上がりが期待できます。
http://salon-pure.pink/

2.美肌脱毛専門サロン(大阪)

スレッディング(糸脱毛)の専門サロンです。
糸脱毛のみの施術ということだけあって、技術力の高さに定評があります。サポートスクールも開催されているので、自分で糸脱毛の技術を取得したい!という人にもおすすめです。
http://ameblo.jp/diolavoro/

 

糸脱毛の効果は?

糸脱毛は、脇毛のように太くて濃い毛にはあまり向いていませんが、細くて薄い毛には効果が期待できます。顔の産毛処理にはぴったりです。

「レーザー脱毛でほとんど綺麗になったけど、顔の産毛が残っている・・・」という人や、「顔の産毛処理が面倒くさい!」なんていう人に向いています。

糸脱毛で得られる効果は、3つあります。

1つめが、繰り返し脱毛することで毛が目立たなくなること。
皮膚の中に埋まっている毛を根こそぎ抜くことが出来るので、毛根に直接ダメージを与えることが出来ます。毛根の状態がよくないと元気な毛は生えてきませんから、次に生えてくる毛は以前より弱々しくなる可能性が高いのです。
毛の本数自体は変わらなくても生えてくる毛が細くなるので、ムダ毛が目立ちにくくなります。

2つめは、吹き出物が解消されること。
吹き出物が出来てしまうのは、毛穴に汚れや皮脂が詰まってしまうからです。糸脱毛では毛根ごと引っこ抜くので、毛穴につまった皮脂汚れも一緒に取り除くことが出来ます。毛穴に詰まっていた皮脂汚れが取れるので、吹き出物が出来にくくなるのです。

繰り返しできる大人ニキビに悩んでいる方にもおすすめです。

3つめは、肌が綺麗になること。
糸脱毛の程よい刺激が肌に伝わることで、肌へのマッサージ効果が得られます。

肌の血行がよくなるので、くすみや乾燥といった肌トラブルの改善に効果的です。特に、女性は年齢と共に肌の代謝低下が目立つので、「最近肌がくすんできたな・・・」という人におすすめ。

これら3つの嬉しい効果が期待できる糸脱毛ですが、残念ながら効果が見られるのは産毛のみです。それも、顔のような狭い範囲の所となります。

手足の濃くて太いムダ毛を処理する場合や、背中などの広範囲の処理、VIOラインなどデリケートな部分の施術には不向きです。

顔のムダ毛だけを処理できればいいという場合に糸脱毛を検討してみましょう。

 

トラブルはないの?

糸脱毛は、比較的肌トラブルが少ない脱毛方法ですが、太い毛を処理しようと思うと脱毛時に毛が途中で切れてしまって、皮膚の中で毛が埋もれてしまう可能性があります。

顔の産毛のように薄くて細い毛にだけ行うようにして下さい。

また、生理前や生理中の脱毛は避けた方が安心です。

この時期は女性ホルモンの影響で、肌が敏感になっています。普段と同じスキンケアでさえ肌荒れしてしまうことがある時期なので、この時期の糸脱毛は避けましょう。

脱毛後の肌がヒリヒリしたり、毛穴が赤く炎症を起こしやすくなってしまいます。

 

まとめ

糸脱毛は、美容大国韓国や中国などの国々で行われている、顔の産毛脱毛に最適な脱毛方法です。毛の状態や肌の状態に合わせて複数の糸を使い分けることで、肌にダメージを残す事なく脱毛できます。

脱毛を繰り返すことで、生えてくる毛が細く弱々しくなってくるので、ムダ毛も目立ちにくくなるのがメリットです。その他、ニキビ改善や新陳代謝のアップなど肌に嬉しい効果も期待できます。

ただ、糸脱毛には永久脱毛の効果はありません。綺麗な状態を保つためには、脱毛を続けなければいけないという点には注意してください。

顔の産毛をもうずっと生えないようにしたい場合は、レーザー脱毛がおすすめです。顔の光脱毛・医療レーザー脱毛についてはこちらの記事をご覧ください。

最終更新日: