ほくろがあるところにケノンは使える?

脱毛サロンで脱毛した事がある方はご存知だと思うのですが、脱毛サロンでは、ほくろがある箇所にはシールのようなものを貼ります。

なぜほくろのあるところは照射できないのか?

ケノンもほくろのあるところには使えないのか?まとめました。

 

ほくろに照射できないのはなぜ?

ほくろ(黒子、黶、mole)は、皮膚の一部にメラニン色素を含む細胞=メラノサイトが、周囲より高い密度で集まってできた母斑(皮膚の奇形)の一種。(Wikipedia)

脱毛機のレーザーやフラッシュ(光)はメラニンの黒色に反応して、熱ダメージを与えるようにできていて、通常は肌を通りこして、毛根にあるメラニンにだけ反応するようになっています。

ほくろや色素沈着があると、ほくろのメラニン色素に反応してしまい、脱毛ができない上、火傷をする恐れがあるので、ほくろのある部分には脱毛機を照射することができません。

ちなみに、美容外科でほくろにレーザーを当てるときは、ほくろの除去の時です。

その時も、色素だけに反応するQスイッチレーザーも使われますが、水に反応して熱を発し、まわりの皮膚を蒸散させる炭酸ガスレーザーが用いられることが多いそうです。(色素に反応するレーザーだと完全にきれいに取り去れず、わずかに色素が残ってしまったり、ふくらみがあるほくろには使用できないのだそう)

ケノンはほくろがある箇所にも使える?

ケノンの仕組みも脱毛サロンの機械と同じで、毛の黒い色に反応します。

ケノンの光は、サロンで使う光よりも出力をおさえてあるとはいえ、ケノンもほくろがある箇所には使う事ができません

ケノンで脱毛する際は、ほくろに当ててしまうのを防ぐために小さく切った白いシールを貼るなど対策をしましょう!

 

ケノンの販売会社に問い合わせたところ、修正ペンで塗る方もいたり、あとはおすすめなのは、怪我の手当に使う白いテーピング用のテープを小さく切って貼ることでした。

 

万が一ほくろにフラッシュを当ててしまうと、バチッと痛みを感じてしまいます。

でも実際、ほくろから生える毛は他の箇所よりも濃くて気になりますよね…。

ケノンを利用している方の多くは、ほくろの毛は抜いてしまう方が多いそうです。

本来毛を抜くのはあまり良くないのですが、ほくろから生えている毛はそんなに多いものではありませんし、かみそりで剃るとすぐに生えてきてしまうので、仕方がないのかも…。

 

肌が黒い人は脱毛できる?

ケノンをふくめ、脱毛機が毛のメラニンに反応する仕組みなので、肌のメラニン色素が濃くて、色が黒い人は、色が白い人よりも、光脱毛での効果が少し出にくいです。

ただ、よほどのことがない限り、光脱毛ができないということはないので、ふつうは大丈夫。

ケノンは肌色にあわせて、出力を10段階に調整することができて、説明書に肌色見本とおすすめの照射レベルが書いてあります。

購入前に心配な方は、クリニックやサロンの無料カウンセリングで肌を見てもらって、相談してみてもいいかも。カウンセリングに行って相談してみたら、プロに任せた方が安心っていう結論になってしまうかもしれませんが…笑

カウンセリング自体は、無理に契約させるものではないので、話を聞くだけでも大丈夫です…!

 

関連記事>>家庭用脱毛器ケノンの効果は?実際使ってみた口コミレビュー

 

最終更新日: