ブラジリアンワックスの口コミ。アンジェリカとブランカシュガーワックスの比較

2、3年前から日本でも流行しはじめた、ブラジリアンワックスってどんなもの?

自宅で自分でできるブラジリアンワックスを実際使ってみました!

アンジェリカワックスのレビュー

ブラビアンカシュガーワックスのレビュー

 
※サロンに行ったときのレポートはこちら→アンジェリカワックスサロンに行ってきた!

 
<目次>

1. ブラジリアンワックスとは?

2. ブラジリアンワックスの種類

3. アンジェリカワックスの口コミ!実際使ってみた!

4. ブラビアンカシュガーワックスの口コミ!実際使ってみた!

 

ブラジリアンワックスとは?

脱毛用のワックスを肌に塗って剥がして毛を抜くワックス脱毛で、特にVIO(ビキニライン)のワックス脱毛のことを、ブラジリアンワックスと呼びます。

angelica3

もともとは、Tバッグのビキニが普及しているブラジルで、ビキニラインのワックス脱毛がよくおこなわれるようになって、ブラジリアンワックスと名づけられたようです。

日本ではここ数年に注目されてきたのですが、海外ではブラジリアンワックスやワックス脱毛は、古くから普及していました。

ワックス脱毛の歴史は古く、古代ギリシャの人々や、クレオパトラも砂糖・蜜ろうを混ぜた現代と同じようなワックスを脱毛に使っていたそうです・・!!

また、アンダーヘアを全て脱毛する(ハイジニーナ)のも欧米では当たり前になっていて、その際レーザー脱毛よりもブラジリアンワックスの方が一般的です。

 

永久脱毛ではない

ワックス脱毛は物理的に毛を抜くものなので、毛の再生力を奪うわけではなく、5日から10日でまた新しい毛が生え始めます。

ただ、ワックスサロンの店員さんによれば、繰り返しワックス脱毛していくうちに毛根が弱まり、毛質が細く柔らかくなっていくそう。

 

ブラジリアンワックスの種類

水性ワックスと油性ワックス、さらに油性ワックスは、ハードワックスとソフトワックスに分けられます。

水性ワックス

砂糖を原料にしたシュガーワックス、蜂蜜が原料のハニーワックスなど水溶性のもの。

brabianca

砂糖とレモン汁を煮詰めただけなど、天然の原料だけで、また、油性ワックスの多くに使われている松ヤニをふくまないので、アレルギーの心配がありません。

ワックスを塗った上からストリップと呼ばれる長方形のペーパー(不織布)を貼りつけて、それをはがします。

sheet

常温でも使えますが、人肌くらいに温めたほうがやわらかく、塗りやすくなるそう!(ただ、粘着力は温めたほうが弱くなります)

シートにワックス剤がついたワックスシートのタイプもあります。

デメリットは、粘着力が油性ワックスより弱くて、毛が1cmくらいの長さがないといけないし、慣れていないと上手く抜けないことがあります。

今回レビューしているアンジェリカワックスや、ブラビアンカシュガーワックスはこのタイプです。

angelica_brabianca

アンジェリカワックスのレビューへ

ブラビアンカシュガーワックスのレビューへ
 

油性ワックス

油性の原料を使用したワックス。水溶性のものよりも強力で、液体〜クリーム状のソフトワックスと、固形のハードワックスがあります。

ほとんどは松ヤニがベースで作られていて、アレルギーがある人は使用できませんが、松ヤニを使わず、ロジン酸グリセリル等で代用した油性ワックスも出てきています。

松ヤニはあたためると柔らかくなる性質があり、また、水で落とせないので専用のクレンジングオイルで落とします。

 

ソフトワックス(オイルワックス、クリームワックス)

固形のものより塗りやすく、薄く塗れるので広範囲を脱毛しやすいけれど、水性のものより吸着力が強く、短い毛や産毛でも抜けるのがメリット。

使い方としては水性ワックスと同じで、ワックスを塗った上からストリップ(不織布のシート)を貼り付けてはがして毛を抜きます。

松ヤニを使っているものが多く、アレルギーの心配があることや、落とす時に水では落ちず、専用のオイルで落とす必要があるのがデメリットかと思います。

布についたら落ちなかったり、自宅では使いにくいので、サロンでやってもらう向きかも。
 

ハードワックス(固形ワックス)

固形のワックスをワックスウォーマーで温めて溶かして使用するタイプ。

ストリップは使わず、肌に塗ったワックスが固まったらはがします。

強力なので、1mm〜3mmの短い毛や、細い毛でも脱毛できます。

逆に長い毛だと痛みが強くなりすぎるので、向いていないそう!

肌に塗る適温は45℃くらいで、もったりと水飴くらいのかたさ。熱すぎると火傷の原因になるので注意です!


↑ハードワックスの使い方 日本ワックス脱毛協会監修

ハードワックスも油性のソフトワックスと同じように、水では落ちず、衣服につくと落ちないデメリットがあります。

 

どのタイプのワックスが良いの?

それぞれにメリット、デメリットがあるので、好みや用途によって使い分けるのが良いようです。

水性のシュガーワックスやハニーワックスは、肌への刺激が弱いですがそのぶん抜く力も弱いので、長い毛が生えたブラジリアンワックス(VIOなど)に向いています。

油性のソフトワックスは、短い毛のブラジリアンワックス、顔の産毛の脱毛に向いています。

固形ワックスも、短い毛のブラジリアンワックスや、ヒゲ脱毛向き。

 

水性ワックスは脱毛の力は弱いけど、水で落とせて扱いやすいので、自宅でワックス脱毛をする人、とくに初めての方は、水性ワックスから始めるのがよいかもしれません。

 

手作りもできる!ブラジリアンワックスの作り方

市販のブラジリアンワックスも、砂糖や蜂蜜、水あめなどを煮詰めたものなので、自宅で手作りすることもできます。

例えばアンジェリカワックスは、砂糖・蜂蜜・レモン汁を煮詰めたものだそう!

作り方を調べてみると、こちらの動画などがあります。↓

レモン汁2分の1カップ、水2分の1カップ、砂糖2カップを順に混ぜて、中火で焦がさないように煮詰めるのみ。

ただ、固さの見極めも難しいところなのと、雑菌が入らないか品質保持も少し不安なので、初めてブラジリアンワックスを使うときは、市販のものが無難かもしれません。

ワックスをはがす時に使う、ストリップという不織布シートも、全てセットになっていますしね。

 

 

アンジェリカワックスの口コミ!実際使ってみた!

ブラジリアンワックスサロン、アンジェリカが作っているアンジェリカワックスを使ってみました!

angelica2

アンジェリカサロンに行ったときのレポートはこちら

 

アンジェリカワックスの特徴、成分

アンジェリカワックスの原料は、砂糖、蜂蜜、レモン汁だけ!

これらを煮詰めて作られている、水溶性ワックスです。

天然の原料だけで、口に入れても安心な素材で作られているんですね・・なんか、こんなシンプルな原料だけで作られているんだってちょっとびっくりです笑

使用上の注意点としては、

  • 肌に皮脂や油分がついていなく、湿っていない状態で使用する
  • 冬で固くなってしまっているときは人肌くらいに湯せんするとよい
  • 脱毛後2、3日はプールや温泉は入らない
  • VIOや脇は1cm以上の毛の長さ、他の部位は未処理の状態であること
  • 2週間以内にレーザー脱毛やピーリングをしていない
  • ニキビなどの皮膚疾患、アトピー性皮膚炎、原料へのアレルギーがない
  • 皮膚に影響の出る治療をしていない

といったことが書いてありました。

また、顔は慣れている技術者でないと難しいため、顔には使用できないとのことです。

 

アンジェリカワックスのレビュー

angelica
アンジェリカワックスはこんな感じで、ワックス250g、木製のスパチュラ20本、ストリップというはがすためのシート(ビキニ用200枚ボディ用100枚)、ベビーパウダーがスターターキットとして税込5,724円で売られています。

ネットリした、クリームよりは少しかたい、水あめのようなテクスチャ―。

angelica3

温度で固さが変わるから、固くて薄く塗りにくい時は湯せんで人肌まで温めるといいそうです。

使い方動画も紹介されているのでわかりやすい↓


まずベビーパウダーを肌にはたいて(パウダーをつけておくと、はがしやすくなるそうです!)、使い捨てのスパチュラでワックスを取って、肌に1~2mmの厚さでのばします。

wax

これ、本当薄く塗らないと、ワックスが肌に残ってしまって毛が上手く抜けないので、薄く塗るのポイントです。

今回はちょっと厚かったかも・・・

 

sheet

次は、シートをそのうえにかぶせてよくこすったら、毛の流れとは逆方向に一気にはがす!!

・・・・んだけど、私はどうしても無意識に手加減してしまい、なかなか思い切りよくはがすことができませんでした・・・・。

ただ、毛が何本か抜けたときもあって、そういう時はバッと一瞬で勢いよくはがせたときなんだけど、そうすると全然痛みも感じませんでした。

本当に一瞬で抜けて、抜けたあと本当わずかですが、ひりひりしたように感じるだけ。

ワックス脱毛のコツは、やっぱり勢い良く剥がすことだと思いました。

そうすれば一瞬で、痛みも感じずにきれいに抜くことができる!

あとは、毛の流れに逆らう向きで剥がすのが大事なので、Iラインなど、毛の流れが見えにくい部位は鏡を使って、見ながらやるといいみたいです。

 

今回、私は正直、あまり上手く脱毛できませんでした…。

もし私みたいに自分でうまくできない人は、サロンでやってもらうのがよいかなーと思ってしまいます。※

※今回常温で使ってしまいましたが、湯せんで35℃〜40℃くらいに温めて使うとやわらかく、塗りやすいようなので、湯せんして使った方が良いかも。あとは、ワックスを塗る範囲が広すぎたようです!
くわしくはワックス脱毛のコツへ

 

ワックスは永久脱毛の効果はなくてずっとお手入れし続けなければいけないのを思うと、脱毛サロンやクリニックの方がいいかな?と思うけれど(>>脱毛サロンのおすすめランキング)、ワックスだと即効性があって、すぐに抜けるのがいいですね!

>>アンジェリカワックスの公式サイトはこちら

 

ブラビアンカシュガーワックスの口コミ!

アンジェリカワックスに続き、ブラビアンカシュガーワックスを購入!

2つを比べてみました。

ブラビアンカシュガーワックスの成分

ブラビアンカシュガーワックスは、砂糖、ハチミツ、水飴が主成分で、保湿成分としてヒアルロン酸、植物性セラミド、コラーゲン、スクワラン等が配合されています。

防腐剤など保存料は使われていません。

 

ブラビアンカシュガーワックスを使ってみた!

ブラビアンカワックスは、アンジェリカと違って、基本セットの内容がすごくシンプル!

brabianca

ワックス150g、プラスチックのスパチュラ1本、ストラップ25枚で税込3,888円です。

アンジェリカワックスと比べるとずいぶん付属品少ないです・・!

スパチュラはアンジェリカは使い捨ての木のものだったけど、ブラビアンカはプラスチックのもの一本。

繰り返し使うので、衛生面に気をつけないといけませんね。

ワックスの分量はアンジェリカの4分の3ありますが、ストリップが25枚しかないので、本当にお試し用という感じです。(アンジェリカは大小あわせて300枚・・・!)

※ただ、今はストリップ50枚を無料プレゼントのキャンペーン中!いつもより多めにもらえます。

テクスチャーは水飴状で、ブラビアンカワックスの方がアンジェリカワックスよりも少しやわらかめ!

brabianca

冬の同じ室温でアンジェリカワックスは少しかたまって、すくいあげたらそのままの形を維持していたけど、ブラビアンカワックスはすぐ元に戻りました。

こちらも使い方動画があります。

使い方はアンジェリカワックスと同じで、1㎜くらいに薄く伸ばして、ストリップを貼りつけて毛の流れと反対に一気に剥がす!

今回、指の毛でアンジェリカワックスとブラビアンカワックスを試してみたら、どちらも同じくらい抜けて、残った毛もある状態でした。

(というか、私がワックス使うの下手なんですよねたぶん汗 湯せんであたためて柔らかくしたりして、再挑戦しようと思います!)

 

まとめ アンジェリカワックスとブラビアンカワックスどっちがいい?

ブラビアンカワックスの方が、常温で使う場合、やわらかいので使いやすいかなと思いますが、セット内容の充実度はアンジェリカワックスかなー。

アンジェリカワックスは、サロンの開発品で、実際サロンでも同じものを使っているのもなんとなく良いなと思います!(脱毛効果はブラビアンカも同じくらいありますが・・!)

>>アンジェリカワックスの公式サイトはこちら


>>ブラビアンカワックス公式サイトはこちら

 

最終更新日: